outdoorloverのブログ

このブログは、キャンプやトレッキング、サイクリングに釣りなど、アウトドアが趣味の私が、愛用しているツールの紹介や、気になるアイテムの紹介をしています。同じ趣味を持つ方に少しでも有益な情報を発信できるよう、心がけています。Twitterでは「【Amazonタイムセール】おすすめアイテムPick~」を配信中! @outdoorlove6をフォローしてね!

自転車用ヘルメットの選び方とおすすめモデル紹介:街乗りにぴったりなヘルメットはコレ!


スポンサードリンク

サイクリングヘルメットはライド中の安全性だけでなく、快適さも重要です。適切なヘルメットを選ぶためには、フィット感、安全基準、通気性、軽量性などのポイントを考慮する必要があります。また、人気のモデルも多数存在し、それぞれ特長があります。この記事では、サイクリングヘルメットの選び方とおすすめモデルを紹介し、安全と快適を両立させるためのポイントを解説します。

ヘルメットを選ぶということ:安全と快適さのバランス

サイクリングは自然との対話、健康への取り組み、そして風を感じる喜びを提供してくれます。しかし、安全性を軽視してはなりません。ヘルメットはサイクリストにとって最も重要な装備の一つです。その選び方には慎重さが求められます。では、どのようにして安全性と快適性を両立させるヘルメットを選ぶべきでしょうか?この記事では、そのポイントとおすすめのモデルを探ってみましょう。

ヘルメットの選び方のポイント

ヘルメット選びは以下の5つのポイントを覚えておけば間違いありません。

1. フィット感が重要


ヘルメットは頭にしっかりフィットすることが安全性を確保する上で不可欠です。適切なサイズを選び、調節機能があるかを確認しましょう。

2. 安全基準に適合するか確認

【日本正規品】 ABUS(アブス) 自転車 ヘルメット ロードバイク ロードヘルメット STORMCHASER ストームチェイサー JCF公認 大人用 Lサイズ ポーラーホワイト


ヘルメットは安全基準に適合していることが重要です。日本国内では「SG(製品安全協会)」や「JCF(日本自転車競技連盟)」の基準が一般的です。欧州では「CE EN1078」や米国では「CPSC1203」などの規格があります。製品にはこれらの規格に適合していることを示すマークが貼付されています。

3. 通気性が高いデザインを選ぶ


長時間のライド中に快適さを保つためには、通気性が高いヘルメットを選ぶことが重要です。エアベンチレーションシステムやメッシュパッドがあるかをチェックしましょう。

4. 軽量性と耐久性を両立させる


軽量なヘルメットは快適性を高めますが、耐久性も重要です。最新の素材や技術を活用した軽量かつ耐久性のあるモデルを選びましょう。

5. 追加機能や付属品を考慮する


サングラスやライトなどの追加機能があるヘルメットは便利です。また、交換可能なパッドやバイザーなども快適性を向上させる要素です。

これらのポイントを踏まえてヘルメットを選ぶことで、安全性と快適性を両立させた最適な装備を手に入れることができます。そして、規格に適合したヘルメットを選ぶことで、さらに安心してサイクリングを楽しむことができます。

人気の高い自転車用ヘルメットブランド

自転車用ヘルメットはデザインや価格、機能も重要ですが、やはり気になるのは安全への信頼度です。ノーブランドのヘルメットでもよいのですが、命や体の安全に対する安心感も大切です。そこでおすすめのするのが信頼度の高い人気ブランドです。

Bell(ベル)

長い歴史を持つ老舗ブランドであり、高い安全性と耐久性を誇るヘルメットを展開しています。バイザー付きのモデルやアーバンスタイルのヘルメットも豊富です。

OGK Kabuto(オージーケーカブト)

日本の自転車文化に根付いたブランドであり、JCF(日本自転車競技連盟)公認の安全性を備えたヘルメットを提供しています。

Bern(バーン)

スタイリッシュなデザインと高い安全性を兼ね備えたヘルメットを提供しています。アーバンライドに適したモデルが特に人気です。

Giro(ジロ)

安全性と快適性に優れたヘルメットを提供しており、MIPS技術を採用したモデルもあります。ロードバイクやマウンテンバイクなど、幅広いライディングスタイルに対応しています。

おすすめヘルメット:1

BELLの「DAILY」ヘルメットは、スポーティ過ぎないシンプルなデザインで、カジュアルなスタイルにもぴったりです。通勤や通学、日常使いに最適な快適さを提供し、装備も充実。取り外し可能なバイザーはベルクロで簡単に調整でき、様々なシーンでの使用に対応します。シティライドを安全かつ快適に楽しむための新しい定番ヘルメットです。

おすすめヘルメット:2

BELLの「AVENUE」ヘルメットは、新世代のデザインと上級モデルに匹敵する装備を備えた、魅力的なモデルです。フラッグシップモデルのエッセンスを取り入れたスタイリッシュなデザインと、リーズナブルな価格が特徴。後方に流れるようなシェル造形は、上位モデルの雰囲気を感じさせつつ、AVENUE独自のディテールを演出します。レーシー過ぎず、カジュアル過ぎない絶妙なバランスのルックスが、多くのサイクリストに支持されています。

おすすめヘルメット:3

BELLの「フォーミュラ ミップス」ヘルメットは、ロードレースチャンピオンが求める快適性と安全性をミドルグレードで実現しました。MIPSやフロートフィットシステム、スウェットガイドライナーなど上位モデルの装備を完備。エレガントなデザインと流体的なエアロダイナミクス、広々としたベンチレーションがクラシックなオールラウンダーとしての魅力を引き立てます。快適性と安全性を兼ね備えたフォーミュラは、サイクリストの期待に応える理想のヘルメットです。

おすすめヘルメット:4

BELLの「CREST クレスト」ヘルメットは、手頃な価格でありながら高品質と優れたデザインを提供します。60年以上のヘルメット製造経験とノウハウが生み出したこの製品は、手に取った瞬間にその価値を実感できるでしょう。標準装備のバイザーはスタイルやデザインを選ばず、あなたのアクティブライフスタイルをさらに引き立てます。クレストはコストパフォーマンスに優れ、安全性と快適性を兼ね備えた理想的なヘルメットです。

おすすめヘルメット:5

BELLの「TRACE(トレース)」ヘルメットは、街乗りからレースまで幅広いシーンに対応するエントリーモデルです。お求めやすい価格ながら、基本装備が充実しており、アドベンチャーライドからファミリーライドまで快適に楽しめます。丸みを帯びたデザインは、レースウェアから気楽なスポーツウェアまで幅広くマッチ。初心者にも最適で、週末のフィットネスライドにもぴったりです。後頭部と顎紐にはリフレクティブデカールが付いており、後方からの視認性を高め、安全性も向上しています。

おすすめヘルメット:6

 

Bellの「Focus」ヘルメットは、14歳以上の方におすすめで、58-61cmの頭部にフィットします。しかし、頭の大きさや形は人それぞれ異なるため、フィットしないヘルメットの使用は危険ですのでご注意ください。Bellの独自技術であるFusion in-mold構造により、アウターシェルとEPSフォームライナーを接着し、より頑丈なヘルメットを実現。ダイヤルフィットシステムと調節可能なストラップで、カスタマイズされたフィット感を提供します。クールなデザインと楽しいカラーも魅力です。また、米国CPSC安全規格に準拠しているため、安全性も確保されています。

おすすめヘルメット:7

 

OGKkabutoの「LIBERO(リベロ)」ヘルメットは、街乗りスタイルの決定版として、私服との相性を重視したデザインが特徴です。夜間の安全を考慮し、車のライトに反射して光るリフレクター素材を装備。軽量でコンパクトな内部設計により、快適な着用感を実現しています。安心のSG基準認証を取得し、安全性も折り紙付き。帽子の形状で違和感なく使用でき、ツバの縁に同系色のパイピングが施されたシンプルなデザインがアクセントに。大きめのツバが日差しをしっかりガードし、視野を妨げない角度で設計されています。街乗りから日常使いまで、あらゆるシーンで活躍するヘルメットです。

おすすめヘルメット:8

OGK Kabutoの「KOOFU CS-1」は、シンプルな見た目で「ふだん着」のように着用できる自転車用ヘルメットです。街乗りにぴったりのデザインで、幅広い服装にマッチします。ダイヤルでアジャスターを調整することで、ヘルメットのズレやブレを抑え、快適なフィット感を提供。インナーパッドは取り外し可能で、汗で汚れても洗えるため、清潔に保つことができます。スタイルと機能性を兼ね備えたKOOFU CS-1は、日常のサイクリングに最適な選択です。

おすすめヘルメット:9

 

OGK Kabutoの「Canvas Cross(キャンバス クロス)」ヘルメットは、オンもオフもアクティブに演出するアーバンアウトドアスタイルが特徴です。通勤や街中での自転車移動に最適で、ストリートからアクションシーンまで幅広く活躍するフリースタイルヘルメット。JCF(日本自転車競技連盟)公認で、安全性も保証されています。夜間も安心の大型リフレクターが装備され、視認性を向上。スタイリッシュなキャンバスバイザー(別売り)も装着可能で、アーバンスポーツシーンにぴったりのデザイン。ダイヤル式アジャスターで簡単にフィット調整ができ、頭部の上下3段階調整も可能です。日常使いからアクティブシーンまで、様々なシーンで活躍するヘルメットです。

おすすめヘルメット:10

OGK KABUTOの「Kabuto CANVAS-URBAN(キャンバス・アーバン)」は、通勤や街乗りなどに適したバイザースタイルの自転車用ヘルメットです。ボディ後部と左右に大型のリフレクターが配置されており、夜間でも着用することができます。上下3段階に調節できるダイヤル式のアジャスターが付いており、頭にフィットさせやすいのも特徴です。さらに、豊富なカラーバリエーションが揃っているため、男性・女性問わず多くのユーザーにおすすめです。安全性とスタイリッシュなデザインを兼ね備えたヘルメットで、快適なサイクリングを楽しみましょう。

おすすめヘルメット:11

Bernのアイコニックモデル「WATTS」に待望のニューモデル、WATTS 2.0 MIPSが登場しました。ブランドを象徴するWATTSのアップグレード版として、安全性と快適性を高次元で兼ね備えた新時代のヘルメットです。MIPS(多方向衝撃防止システム)を搭載し、衝撃から頭部を保護します。バイザー付きの帽子型デザインはアーバンスタイルにぴったりで、快適なサイクリングをサポートします。Bernの品質とデザインによる信頼性を体感してください。

おすすめヘルメット:12

Bernの人気モデル「BRENTWOOD」(ブレントウッド)のアップグレードバージョン、「BRENTWOOD 2.0」が登場しました。 クラシックモデルとして知られるBRENTWOODのデザインを踏襲しつつ、15%の軽量化と20%の通気性向上を実現したBRENTWOOD 2.0です。ZIP MOLD+構造のテクノロジーを採用し、耐衝撃性に優れつつも快適な使い心地を実現しました。 後頭部までカバーするデザインで、伸縮可能素材を使用したインナーがフィット感を抜群にします。フリップバイザーも取り外し可能で、さまざまなシーンに対応します。 長時間の着用でもストレスを感じず、ロードバイクスケートボードなど、様々なアクティビティで活躍するヘルメットです。

 

おすすめヘルメット:13

GIRO(ジロ)のCORMICK MIPS(コーミックミップ)は、MIPS搭載の新型シティーモデルです。耐久性の高いインモールド構造に、18個の大型ベンチレーションとMIPSシステムを組み合わせ、転倒時の衝撃から頭部をしっかりと保護します。後頭部までカバーするデザインは安全性を重視しています。さらに、Roc Loc Sportフィットシステムを採用しており、ワンサイズで幅広いライダーにフィットします。ショートバイザーも付属しており、快適なサイクリングをサポートします。

おすすめヘルメット:14

GIRO(ジロ)のCADEN MIPS II(ケイデン ミップス2)は、ストリート・カジュアルスタイルからフォーマルなスーツスタイルまでフィットするシティサイクリングヘルメットです。 ブラックとグレーのマットな単色とコンパクトなフォルムで、街中でのスタイルに馴染むシンプルなデザインが特徴です。フルラップ-インモールド構造のポリカーボネートシェルが頭部をしっかりと保護し、耐久性に優れています。 特に後部下側にある2つの大きな通気口は、しっかりと補強されており、ロックポートとしても機能します。CADEN MIPS IIは、快適さと安全性を両立させたシティライドに最適なヘルメットです。

おすすめヘルメット:15

GIRO(ジロ)が6年ぶりにリニューアルしたロードヘルメット、REGISTER 2は多彩な表情を持つNo.1ヘルメットです。軽量級の255g(バイザー +18g)でありながら、ユニバーサルフィットの調整幅が広いため、キャップ無しスタイルからサイクルキャップ、ベースボールキャップまで対応します。冬には薄めのニット帽も装着可能。さらに、ヘルメットと同色のショートバイザーが付属し、ワンタッチで簡単に取り付けられます。工具不要で脱着可能で、外した後も穴が残りません。日差しや突然の雨から目を守ってくれる便利なアイテムです。 REGISTER 2はスタイリッシュで機能的なロードサイクリストに最適なヘルメットです。

街からロードまで、安全とスタイルを楽しむ:最適なヘルメットがここに

このシリーズでは、自転車乗りにとって欠かせない安全と快適性を両立したヘルメットを紹介してきました。GiroやBellなどの信頼できるブランドから、最新の技術を取り入れたモデルまで幅広く取り揃えています。

街乗りや通勤からロードバイクやスポーツライドまで、それぞれのライディングスタイルに合ったヘルメットが揃っています。MIPSシステムやインモールド構造、優れたフィット感を実現するテクノロジーが特徴です。

また、デザインも重要です。カジュアルからスポーティなスタイルまで、おしゃれに自転車ライフを楽しめるモデルもご紹介しました。

安全と快適性を求めるなら、ぜひこのヘルメットシリーズから選んでみてください。快適なライドを楽しむための一歩となることでしょう。

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
プライバシーポリシー お問い合わせ