outdoorloverのブログ

このブログは、キャンプやトレッキング、サイクリングに釣りなど、アウトドアが趣味の私が、愛用しているツールの紹介や、気になるアイテムの紹介をしています。同じ趣味を持つ方に少しでも有益な情報を発信できるよう、心がけています。ぜひ最後までご覧ください!

ミニベロをおしゃれにカスタムしよう!ミニベロにぴったりなおすすめカスタムパーツをご紹介!


スポンサードリンク

f:id:renasuya:20210711172535p:plain

通勤や通学、買い物など足代わりに便利なミニベロ。小回りがきき、スイスイキビキビ走るので老若男女問わず人気の自転車です。今、そのミニベロをおしゃれにカスタムすることが流行中!ここではカスタマイズ初心者の方でも可能な、おすすめカスタムパーツをご紹介します。 

 

ミニベロとは

https://i.pinimg.com/564x/6d/42/07/6d42074eb02255d8b97d3b164d35888a.jpg

ミニベロとは「小径自転車」とも呼ばれ、タイヤ径が、20インチかそれ以下の自転車を指します。小型なので、室内保管も可能。特に駐輪スペースがないマンション住まいの方に人気です。タイヤは小さいけれど、スピードが遅かったり、漕ぐ力が余計に必要になるわけではありません。それはギア比のおかげ。小回りがきき、キビキビ走るミニベロは、ストップ&ゴーや狭い路地の多い街中で威力を発揮します。

ミニベロをカスタマイズしよう!

https://i.pinimg.com/564x/16/f8/2c/16f82cef9d80ff482b4635b81e8c2003.jpg

初心者の方でも実は簡単にカスタマイズ可能です。もちろん、本格的なカスタムになると専用工具や、知識、そして技術が必要になります。あなたも自分の持っているミニベロを、世界に1台のオリジナル自転車にカスタマイズしてみませんか? 

カスタム初心者でも改造できる!?

https://i.pinimg.com/564x/4a/e9/ac/4ae9ac8a702dff657cd670c00aa6928a.jpg

カスタム初心者が愛車をカスタムするなら、簡単な場所から始めましょう。例えばステッカーをフレームに貼ってみるのも良いでしょう。工具を使わなくても良いパーツの交換や、ドライバー1本で交換可能なパーツなどから始めます。それは、ブレーキやギアなど制動力や駆動力に関係ない場所。まずは末端パーツからカスタムを始めましょう。 

ミニベロカスタムポイント①バルブキャップ

最も安価で、カスタムしやすい場所はバルブキャップ。外して交換するだけなので、工具も必要ありません。ほとんどのミニベロは「英式バルブ」です。バルブにあったキャップを購入しましょう。

ミニベロカスタムポイント②ライト

ミニベロを購入したときに、ライトが付属品としてついている場合もあります。最近は電池式や充電式のライトが多く、取り付けもドライバー1本で可能だったり、工具自体が不要なライトも多くあります。

夜間走行にライトは必須

https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotsu/jikoboshi/bicycle/menu/rule.images/rl15.gif

無灯火運転は、処罰の対象になります。ライトは必ず装着して走行しましょう。警視庁のHPによれば

前照灯は、白色又は淡黄色で、夜間前方10メートルの距離にある交通上の障害物を確認することができる光度を有するもの。

警視庁HP

 となっています。ある程度の明るさが必要です。交通事故を防ぐためにもライトを点灯して夜間走行しましょう。 

ミニベロカスタムポイント③グリップ

ハンドル操作性よりも、見た目重視の印象が強いグリップのカスタマイズ。工具が必要になりますが、カスタムに慣れてきたら挑戦したいパーツです。樹脂製やレザー製など、素材や色味を考慮し自分のスタイルにあったグリップを選びましょう。 

ミニベロカスタムポイント④ペダル

初心者の方でも簡単にカスタムできるのが、ペダルです、ミニベロコーディネートでいえば「アクセント」になる部分。そのためフレームの色味とはちょっと異なる色味を選ぶとおしゃれになります。また、ペダル交換にはペダルレンチがあると便利です。 左右でネジの向きが異なる点に注意!

ミニベロカスタムポイント⑤サドル

乗り心地や見た目もガラリと印象が変わるのがサドルです。そのためサドル選びは慎重に。合皮製やレザー製など素材選びも重要なポイント。スポーティーなミニベロなら、スポーツタイプのサドルを、街乗り仕様ならクラシカルなサドルを合わせるのがおすすめです。 

ミニベロカスタムポイント⑥リフレクター(反射材)

リフレクターのカスタムも簡単です。ドライバー1本で出来るため、カスタムになれていない初心者の方でも気軽にカスタム出来るポイントといってよいでしょう。 

リフレクターの注意点

https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotsu/jikoboshi/bicycle/menu/rule.images/rl16.gif

自転車の交通事故が増えてきた昨今。自転車の交通ルール遵守が叫ばれています。自転車は、道路交通法上は「軽車両」となっています。違反をすると罰則が科せられる場合があります。警視庁の「自転車交通ルール」によれば、

反射器材は、夜間、後方100メートルの距離から自動車の前照灯で照らして、その反射光を容易に確認できるもの。

警視庁HP

と法律で定められています。たかが反射板、されど反射板なのです。交通事故を防ぐ意味でも反射板を自転車に取り付けましょう。 

ミニベロカスタムポイント⑦ハンドル

https://i.pinimg.com/564x/ae/97/ea/ae97ea9d7a3dd74fc61fe8d397c91cc2.jpg

ミニベロのハンドルを変えると、ガラリと印象が変わります。シティサイクルでもハンドルをドロップハンドルにすると、一気にスポーツタイプになんてことも可能です。基本的には、サドルとハンドルの色味は揃える!そうするとミニベロのコーディネートもうまくまとまります。

ミニベロカスタムポイント⑧タイヤ&ホイール

https://i.pinimg.com/564x/8f/41/c4/8f41c439648f989ca2b56736cd52f389.jpg

タイヤとリムは服装でいえば足元にあたる部分。ミニベロのコーディネートが締まった印象になるか、ならないかはこのタイヤとホイールが重要です。クラシカルな印象にしたい場合は、白リボンタイヤがベスト。スポーツタイプならホイールやタイヤをビビッドなカラーにするとカッコよく決まります。

ホイールは2種類

ほとんどのミニベロはH/Eと呼ばれるホイールですが、中にはW/Oと呼ばれるホイールも存在します。どちらの規格なのかは、購入したショップに確認しておくことをおすすめします。この2つに加え、後述するタイヤサイズ表記の種類も加わり、タイヤ&ホイールカスタムが初心者の方に敬遠される理由の1つになっています。当然互換性がありません。そのため、ある程度カスタマイズに慣れてきてから、挑戦することをおすすめします。

ミニベロタイヤ選びの注意点

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/714vMgmWUkL._AC_SL1500_.jpg

ミニベロタイヤ選びの際の注意点は、サイズです。実は20インチの規格は406と451の2種類あり、径のサイズが違います。タイヤ側面に20×1.10や28-451などの表記があります。実は自転車のタイヤ表記は4種類あるんです。

シティサイクルタイプのミニベロは20inch(タイヤの外径)×1.10inch(タイヤの太さ)で表記。

スポーツタイプのミニベロは、28㎜(タイヤの太さ)-451㎜(ビード径)で表示されています。これはインチ表記とETRTO(エトルト)表記のためなんです。しかも互換性がないので、購入しても装着できない!といったトラブルになる可能性があります。タイヤ側面の表記を1度確認しておきましょう。

それではここからは、ミニベロのカスタム例をご紹介します。ぜひあなたのカスタマイズの参考にしてくださいね!

ミニベロおしゃれカスタム例:1

https://i.pinimg.com/564x/26/d5/1b/26d51b5b54b3ca10272e81153e3f0721.jpg

ブラック&ゴールドの色遣いが印象的なミニベロ。かなりスポーティーで引き締まったカラーリングです。基本的に2色+1程度のカラーでパーツを選ぶと失敗しません。ママチャリタイプのミニベロでも、ハンドル、タイヤ、リム、サドルをカスタムするとスポーツタイプのミニベロにカスタム可能です。色使いの参考にしてくださいね!

ミニベロおしゃれカスタム例:2

https://i.pinimg.com/564x/37/e1/32/37e1328becebcdfcbeb4c9d7b263314c.jpg

クラシカルなヨーロピアンテイストにカスタム。白リボンタイヤと砲弾型ライト、鋲付きサドルがいい味を出しています。テール部分の大型リフレクターはバイク用でしょうか?アイデア次第でママチャリタイプのミニベロでもおしゃれにカスタマイズ可能です。ミニベロカスタムの方向性が重要ですね。

ミニベロおしゃれカスタム例:3

https://i.pinimg.com/564x/5c/d6/f0/5cd6f0e8bd6c743a58aee2334db90cd6.jpg

70年代西海岸チョッパースタイル!なんと言ってもアップハンドルとスポークホイールに目を奪われます。街中でも注目度が高いでしょうね!ギリギリまで太いタイヤを履かせている点に苦労がしのばれます。

ミニベロおしゃれカスタム例:4

https://i.pinimg.com/564x/22/c7/0e/22c70edbb81b996fc00e907255d4098e.jpg

シンプルイズベスト!カラーリングを統一させ、クラシカルなフレームの魅力を活かした1台です。シンプルなミニベロカスタムを目指す方に、ぴったりなカスタム参考例ではないでしょうか。

ミニベロおしゃれカスタム例:5

https://i.pinimg.com/564x/0e/20/25/0e2025d3ab28d594ba1332df3c94e06c.jpg

個性的なミニベロカスタムを目指したい方にぴったりなカスタム例。BMX用ハンドルに変更し、砲弾型ライト、白リムタイヤ、短いフェンダーなどちょっとしたパーツに変えるだけでずいぶん印象が変わります。

ミニベロおしゃれカスタム例:6

https://i.pinimg.com/564x/af/3c/26/af3c26bf10f680bd102d988b0e3b4734.jpg

ママチャリタイプのミニベロだってドロップハンドルを付ければスポーティーに!ホワイトとサックスブルーという色合いもおしゃれなミニベロに仕上がっています。何気なくついているトゥークリップもおしゃれですね。

ミニベロおしゃれカスタム例:7

https://i.pinimg.com/564x/66/cf/76/66cf764be94029f0adc841d6ca514d3d.jpg

この発想はなかった!という方も多いのでは?あえて砲弾型ライトを2つ取り付けたデュアルヘッドライト仕様。クラシカルなクロモリフレームにもよく似合っており、違和感がないどころか、カッコいい仕上がりに。サドルはもちろんブルックスのレザーサドルです。

ミニベロおしゃれカスタム例:8

www.pinterest.jp

折りたたみ自転車のカスタムは、折りたたみ機構の邪魔にならないようにするのがポイント。まずは、サドルやグリップなどのカスタムから始めましょう。サドルを変えるだけでも印象がガラリと変わりますよ!

初心者向けおすすめミニベロカスタムグッズ20選!

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Bicycles By Respect.(@respect_bikes)がシェアした投稿 -

カスタムを始める前には、自分の愛車をどんなスタイルにしたいのか、イメージすることがとても大切です。ここからは、初心者の方でも比較的簡単に、取り付け&交換できるおしゃれカスタムパーツをご紹介します。

おすすめおしゃれカスタムグッズ:1

もっとも手軽にカスタマイズできるバルブキャップ。買ったばかりのミニベロのバルブキャップは、味気ない真っ黒な樹脂製バルブキャップがついています。冴えないバルブキャップを、カラフルにすることで愛車をおしゃれに演出してくれる、もっとも安価なカスタムパーツです。 

おすすめおしゃれカスタムグッズ:2

ミニベロのドレスアップや、夜間走行を安全にするLEDバルブキャップ。リフレクター代わりにもなるおしゃれカスタムパーツです。工具を使わずとも交換可能!前後に取り付けることで、街中の注目度もあがります。

おすすめおしゃれカスタムグッズ:3

ミニベロをクラシカルなスタイルにカスタマイズしたい方におすすめの砲弾型ライト。バイザーが付いているのがいいですね。取り付けるには、アーレンキーやドライバーなどの工具が必要ですが、面倒な配線などが必要ない電池式ライト。価格も3000円程度なので、気兼ねなくカスタマイズできるパーツです。

自転車用ライトはこちらの記事でも詳しく解説しています。

outdoorlover.hateblo.jp

おすすめおしゃれカスタムグッズ:4

ミニベロのホイール部分についているリフレクターの交換も簡単です。工具を必要としない初心者の方でも簡単に交換可能!グレイトフルデッドのバンドキャラクターがおしゃれなリフレクターです。

おすすめおしゃれカスタムグッズ:5

ミニベロのフォークやフレームにペタっと貼るだけの簡単カスタム!ステッカータイプのリフレクターです。おしゃれなデザインなので、ミニベロをスポーティーに演出してくれます。カラーも豊富!愛車にあった色合いがきっと見つかります。

おすすめおしゃれカスタムグッズ:6

マカロニ状のリフレクターです。ミニベロのスポークに取り付けるだけの簡単カスタム!夜間走行の安全性を高めるだけでなく、工夫次第でおしゃれに仕上がる安価なカスタムパーツです。

おすすめおしゃれカスタムグッズ:7

吹き付けるスプレータイプのリフレクターです。ミニベロのリム部分やフレーム部分にスプレーするだけ!ほとんどの素材の表面に使用することのできるので、ミニベロだけでなく、ヘルメットやシューズでも。半永久的に効果のある「パーマネントメタリック」と、洗い流せる「ホース&ペット」の2種類があります。

おすすめおしゃれカスタムグッズ:8

ホワイトリボン付きのタイヤは、クラシカルな雰囲気を醸し出す最高のカスタムパーツです。ミニベロにちょうど良い20×1.75。 西海岸チョッパーやローライダースタイルにカスタムする際にも必須パーツです。

おすすめおしゃれカスタムグッズ:9

カラフルなラインがおしゃれなミニベロ用タイヤです。ミニベロをスポーティーにカスタムしたい方にもおすすめです。18インチと20インチがあり、カラーバリエーションも豊富です。

おすすめおしゃれカスタムグッズ:10

シンプルなパナレーサーのミニベロ用タイヤです。スポーティーなシルエットはそのままに、サイドまでゴムで覆った耐久性重視のコストパフォーマンスモデル。カラー展開はブラックとホワイトの2色です。

おすすめおしゃれカスタムグッズ:11

ホーリーローラーは、MAXXISのBMXタイヤのラインナップ中、最もオールマイティーなタイヤです。サイズは20×1.75。低いブロックが特徴で、ストリートからダートまでオールラウンドに対応します。ミニベロをBMXぽいスタイルにカスタマイズしたい方におすすめのタイヤです。

おすすめおしゃれカスタムグッズ:12

レザーサドルならブルックス。特にエイジングが楽しめるレザーサドルは、クラシカルなカスタムを目指す方におすすめです。スポーツ仕様にも、街乗り仕様にもぴったりなフライヤースペシャルは、ミニベロにもよく似合います。

ブルックスについてもっと知りたい方はこちらの記事がおすすめです。

outdoorlover.hateblo.jp

おすすめおしゃれカスタムグッズ:13

個性的なミニベロカスタムを目指す方には「バナナシート」なんていかがでしょう。ビーチクルーザーには、一般的なカスタムパーツですが知らない人も多いのでは?20インチのミニベロを、ローライダースタイルにカスタマイズしたい方におすすめです。

おすすめおしゃれカスタムグッズ:14

カラフルなサドルをお探しの方におすすめ!コスパにも優れたグランジタービンサドルです。トップはやや反らせてフィット感を高めており、全体に適度な厚みを持たせたフォームは、体重をかけてもしっかりとサポートしてくれるサドルです。

おすすめおしゃれカスタムグッズ:15

ラシックスタイルを楽しむには、まずグリップから。ミニベロにもよく似合うゴリックスのレザーグリップです。フラットハンドルの自転車に最適なグリップで、レザーグリップは王道のクラシックスタイルを演出。時間の経過とともにいい味を醸し出すレザーグリップです。※グリップシフトがついたハンドルには対応していないので、注意が必要です。

もっとたくさんカスタムパーツを知りたい方はこちらの記事もおすすめです。 

outdoorlover.hateblo.jp

おすすめおしゃれカスタムグッズ:16

ミニベロのホイールを鮮やかなカラーに変更したい!とはいえ、ホイール交換は、カスタマイズ初心者の方には敷居が高い部分です。 そんなカスタマイズ初心者でも、気軽にホイールの色を変更できるホイールステッカーです。様々な色やリフレクターになっているタイプもあり、だれでも簡単カスタムできますよ。

おすすめおしゃれカスタムグッズ:17

ミニベロをよりスポーティーなスタイルにカスタマイズしたい方は、ホイールを好感してみましょう。1986年から1991年に樹脂製ホイールの代名詞として一世を風靡したOGKのホイールは、ミニベロをBMX風にしたり、レーサーっぽくしたり、スポーティーなスタイルにぴったりなカスタムパーツです。

おすすめおしゃれカスタムグッズ:18

ミニベロのイメージがガラリと変わるカラーホイール。ビビッドな色は、ミニベロをスポーティーにカスタマイズしたい方におすすめ!フロントホイールと異なり、ギヤやコグが付いているため、カスタマイズに慣れてきてから挑戦しましょう。 

おすすめおしゃれカスタムグッズ:19

スポーク144本は、圧巻のベビーデイトンです。こちらは、コースターブレーキ付きのリアホイール。サイズは20インチです。ローライダースタイルにミニベロをカスタマイズする方におすすめです。リム・ホイール交換はある程度カスタマイズできる自信がついてから始めましょう。

おすすめおしゃれカスタムグッズ:20

ミニベロロードバイクの人気メーカー、ターンの小径車専用カーボンバトンクリンチャーホイール。独自に設計されたシールドベアリングハブの回転性能に定評がある「NOVATEC」社製のハブを採用しており、 滑らかな回転で、走行を大きくサポート。ミニベロでも走りにこだわりたい方におすすめのカスタムパーツです。

最後に

https://i.pinimg.com/564x/51/cb/78/51cb784457de5db7ae6737856af01c47.jpg

いかがでしたでしょうか。街中をスイスイ、キビキビ走れるミニベロは、そのまま乗っても最高ですが、自分だけのカスタマイズを行うとより愛着が増しますね。カスタマイズ初心者の方は、まずは工具を使わないカスタムから始めましょう。あなたも自分だけの1台に挑戦してくださいね!

こちらの記事もおすすめ!

outdoorlover.hateblo.jp

outdoorlover.hateblo.jp

outdoorlover.hateblo.jp

outdoorlover.hateblo.jp

f:id:renasuya:20200726210954p:plain

プライバシーポリシー お問い合わせ