outdoorloverのブログ

このブログは、キャンプやトレッキング、サイクリングに釣りなど、アウトドアが趣味の私が、愛用しているツールの紹介や、気になるアイテムの紹介をしています。同じ趣味を持つ方に少しでも有益な情報を発信できるよう、心がけています。ぜひ最後までご覧ください!

キャンプや登山に持っていきたいおしゃれなライトアウター12選!タウンユースでもおしゃれに着れる!


スポンサードリンク

気温差が激しいアウトドアシーンでは、携帯性に優れたライトアウターが便利。ここではアウトドアシーンでは、もちろんタウンユースでもおしゃれに決まるおすすめのライトアウターをご紹介します。

 

アウトドアシーンで活躍するライトアウター

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Mountain Hardwear(@mountainhardwear)がシェアした投稿 -

昼間と夜の気温差が激しいアウトドアシーンでは、アウターになったり中間着にもなるライトアウターが1着あると便利です。薄くて軽く、脱いだ後も荷物にならないライトアウターは、キャンプや登山にぴったり!

また、気温差が激しい季節の変わり目には、タウンユースでも便利に使えます。だからこそ、1着は持っておく必要があるのです。

ライトアウターの選び方

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Jack Wolfskin(@jackwolfskin)がシェアした投稿 -

カラーリングも豊富なアウトドアブランドのライトアウター。定番はブラックやチャコールグレーです。季節感を取り入れたいなら、あえて明るい色をチョイスするのも良いでしょう。ライトブルーやライトグレー、ベージュなどもおすすめです。

機能性も重要です。アウトドアブランドのライトアウターは、機能性にも優れています。防寒性や保温性だけでなく、耐久性や撥水性、さらに携帯しやすいパッカブル仕様など、機能面にも注目しましょう。

価格面も重要です。人気アウトドアブランドのライトアウターは、1万円から高額なものは5万円程度になります。自分の予算にあったライトアウターを選びましょう。

それではここからは、おすすめのライトアウターをご紹介します。 

おすすめライトアウター① 

スノーピークの「フレキシブルインサレーションカーディガン」は、余分な熱を逃し、最低限の熱を確保する「Polartec Alpha®」を中わたに使用し、アウターとしても、インナーとしても活躍します。 表地は撥水加工済み、裏地は吸水速乾、生地、中わた、パイピングもストレッチをするので、快適な着心地です。 キャンプシーンでは、着心地の良さと機能性の高さからスタッフ着用率が1位のアイテム。 普段の生活にも、アウトドアシーンにも両用しています! 柔らかい着心地は、そのままシュラフで寝てしまうほど。 様々な用途で使える、スノーピークアパレルを代表するシリーズです。

おすすめライトアウター②

マウンテンハードウェアの「コヒージョンジャケット」は、残雪登山、春スキーから夏山のニーズまでカバーする、汎用性の高い防水透湿シェルジャケット。しなやかで長年使用しても機能が劣化しにくく、耐久性に優れた素材を使用しています。 また、脇にはベンチレーションがついているので 環境に合わせた通気ができます。登山やキャンプにぜひ持っていきたいライトアウターです。

おすすめライトアウター③

エーグルの「ボルネイ シェルジャケット」は、透湿防水性に優れた2.5レイヤーのPertex(R)素材を採用したライトアウターです。しなやかで柔軟な風合いに伸縮性も携えた生地使いで、ベーシックなマウンテンパーカのデザインに、必要十分な機能性と快適な着用性を封じ込めた1着です。ミニマルなデザインで、タウンユースからアウトドアまで、さまざまなシーンに対応するおしゃれなライトアウターです。

おすすめライトアウター④

ドイツのアウトドアブランド、ジャックウルフスキンの「デザートウインドジャケット」は、機能的な製法で設計されており、風雨から身を守るライトアウターです。フルジップファスニング、ベルクロカフス、チンガード付き調節可能なフード、1つの胸のジッパーポケット、2つのサイドジップポケット、レギュラーフィットで、胸にジャックウルフスキンのブランドが付いています。登山やキャンプにぜひ持っていきたいライトアウターです。

おすすめライトアウター⑤

マーモットの「サンスクリーンウインドジャケット」は、遮熱素材サンスクリーンを使用したウィンドジャケットです。 赤外線の反射率をアップすることで、太陽光の熱を遮り、ウェアやウェア内の温度上昇を抑えるクーリング機能を発揮します。 紫外線遮蔽にも優れているため、春夏の日差しが気になる時期に 活躍する機能性があります。はっ水加工を施しているため、 多少の雨であれば対応可能な点も 魅力の1つです。

おすすめライトアウター⑥

THE NORTH FACEを代表するヘリテイジアイテムであるマウンテンパーカのデザインを踏襲しつつ、環境に配慮した素材にアップデート。素材には、肌触りがよいビーズ加工を施した透明ラミネートフィルム・Clear-Dを採用。ウエストのドローコードでシルエットの調節が可能。左右の胸と腰に配置した大きなフラップポケットは、収納力を高めると同時にデザインのアクセントにもなっています。携行に便利なスタッフサック付き。アウトドアからタウンユースまで、さまざまなシーンで活用できるライトアウターです。

おすすめライトアウター⑦

ヘリーハンセンの「ベルゲンジャケット」は、クルージングやトレッキングなどのアウトドアスタイルからタウンユースまで、幅広く活躍するライトアウターです。ドライ感のあるコットンライクな風合いで、胸とフードのロゴ刺繍を同色にしたシンプルなデザイン。風からしっかりと身体を守り、アクティブに動くことを想定した軽量モデルです。耐久はっ水加工を施し、ドローコードでフィット感を調節できるフード付きのため、多少の雨なら対応可能。腰ポケットに本体をコンパクトに収納できるポケッタブル仕様も嬉しいポイントです。

おすすめライトアウター⑧

チャムスらしい、カラフルなソフトシェルジャケット。 軽量でややゆとりを持った仕上がり。 さらっと羽織るのにちょうどよく、 タウンユースやキャンプなどアウトドアシーンにもお勧め。 胸下のブービーフェイスロゴがワンポイント。 春~秋のライトアウターとしてはもちろん、 インナーにダウンやフリースを着れば防寒ウェアとしても使え、 長シーズン活躍してくれるライトアウターです。

おすすめライトアウター⑨

フライフィッシング用品で人気のブランド、フォックスファイヤーの「カームシェルフーディ」は、通気性や肌触りに優れた、軽量のストレッチウィンドシェルジャケット。PUサイレントコーティングにより一般的なウィンドシェルジャケットよりノイズレスとなっています。フード部分にジャケット本体を収納できるパッカブル仕様です。釣りはもちろん、登山やキャンプに羽織っていきたいライトアウターです。

おすすめライトアウター⑩

イギリス発のアウトドアブランド、カリマーの「トライトンジャケット」がリニューアル。軽さ・防風性・撥水性の機能を保持しながら、上質な肌触りと風合いが特徴の 〈PERTEX___UNLIMITED〉を採用。 ハイキングは勿論、タウンユーズでも活躍する定番のライトアウターです。

おすすめライトアウター⑪

コロンビアの「アフターマウンテンジャケット」は、吸水速乾性を備えたオムニウィック素材のカーディガンです。 ストレッチの効いた生地で着心地がよく、伸びることで通気ホールが現れ風通しが良くなるなど、アウトドアシーンにうれしい機能を兼ね備えています。 パッカブルになるので、持ち運びもかさ張りません。 シンプルなVネックなのでどんなスタイルにも合わせやすい、1枚あると便利な羽織です。 キャンプの際や、登山の行き帰りにサラッと羽織れる便利なカーディガンです。

おすすめライトアウター⑫

ノースフェイスの「コンパクトジャケット」は、外出先や旅先での悪天候に対応できる撥水加工を施した軽量シェルジャケットです。生地はコットンライクでナチュラルな風合いながら、防風性も併せ持つため、急な冷え込みが予想される旅先でも活躍。軽量かつコンパクトに収納して携行でき、アウトドアだけでなく日常のさまざまなシーンで幅広く活用可能。シルエットも中間着と合わせやすい、ややゆとりを持った仕上がりです。スタッフサック付きで携帯性も抜群です。

おしゃれなライトアウターでキャンプを楽しもう!

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

HELLY HANSEN Japan(@helly_hansen_jp)がシェアした投稿 -

いかがでしたでしょうか。おしゃれで機能的なライトアウターは、キャンプや登山だけでなく、タウンユースでもカッコよく決まる便利なアイテムです。山や海の風景を見るのは楽しいですが、体温を奪われないよう、丈夫なライトアウターが必須。あなたもここで紹介したライトアウターで、アウトドアライフを楽しんでくださいね!

こちらの記事もおすすめ!

outdoorlover.hateblo.jp

outdoorlover.hateblo.jp

outdoorlover.hateblo.jp

f:id:renasuya:20200726210954p:plain

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
プライバシーポリシー お問い合わせ