outdoorloverのブログ

このブログは、キャンプやトレッキング、サイクリングに釣りなど、アウトドアが趣味の私が、愛用しているツールの紹介や、気になるアイテムの紹介をしています。同じ趣味を持つ方に少しでも有益な情報を発信できるよう、心がけています。ぜひ最後までご覧ください!

モンベルスーパーメリノウールは最強ベースレイヤーなんです!


スポンサードリンク

寒い時期になるとインナーの役割が非常に重要になります。タウンユースでもアウトドアでも暖かいのに薄手のインナーは、動きやすく快適でおしゃれを楽しむためにも薄手にこだわりたいですね。そんな方におすすめするのがモンベルの「スーパーメリノウール」です。

 

まずはメリノウールから

メリノウールとは、メリノ種から取れる上質なウールのことをいいます。他のウールとの違いは、メリノウールは吸湿速乾性が高いため、夏に着用し汗をたくさんかいても、さらりとした肌心地。また冬場に着用した場合、ウールが空気をたっぷりとため込み断熱材の役割を果たすためとても暖かく過ごせるのです。そのため冬の登山やウィンタースポーツでは古くから重宝されていた素材です。

スーパーメリノウールとは

sheep

スーパーメリノウールとは、吸湿発熱性を備えた素材で、なおかつ余分な水分を逃し常に快適な肌触りを実現しています。また防臭効果も高いため、アンダーウェアから登山の際のベースレイヤーとして最適です。

ベースレイヤーとは

mountain

ベースレイヤーとは登山やウィンタースポーツの際、最も基本となるアンダーウェアに着用する服を指しています。登山ではレイヤード(重ね着)が基本となります。1番最初に着るアンダーウェア等の服をベースレイヤーと呼び、次に羽織るシャツや、インナーダウンなどはミッドレイヤーと呼びます。最後に着用する服はアウターレイヤーと呼びます。

モンベルについて

f:id:renasuya:20201017130042j:image

モンベルとは、日本の総合アウトドアメーカーです。1975年に大阪で生まれました。デュポン社のコーデュラナイロン素材を使用し丈夫で過酷な環境にも耐えられるアウトドアギアを開発販売し続けています。日本人の数々の登山家や冒険家にも愛されたアウトドアブランドで、昨今のアウトドアブームでさらに注目が集まる人気ブランドでもあります。

スーパーメリノウールと他社の比較

Merino of New Zealand

暖かいと言われているアンダーウェアは他社からもたくさんラインナップされています。ここではスーパーメリノウールと他のアンダーウェアとを比較しました。ぜひ参考にしてくださいね

比較1:ヒートテックとスーパーメリノウール

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

TSUBASA TOMITA(@tbs_t)がシェアした投稿 -

今や暖かいインナーウェアの代名詞として広く親しまれているユニクロヒートテックとスーパーメリノウールを比較した場合、どこがどう違うのでしょうか。最も大きい違いは、スポーツで使用した場合です。ヒートテックは速乾性がなく、むしろ汗を吸収しやすい素材であるのに対し、スーパーメリノウールは、速乾性に優れ、余分な水分を放出する素材です。

比較2:キャプリーン・エアとスーパーメリノウール

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Yuko Mishima(@yukom_paix1204)がシェアした投稿 -

パタゴニアからもメリノウールを使用したインナーがラインナップされています。同じく高い保温性と、速乾性を備えた登山時のベースレイヤーとして人気のインナーです。ただしモンベルのスーパーメリノウールと比較するとお値段がやや高いですね。

比較3:ブレスサーモとスーパーメリノウール

同じく日本を代表するスポーツウェアブランドとして高い人気を持つミズノからも、冬場に活躍するインナーとして人気の高いブレスサーモ。スーパーメリノウールと比較すると、まずブレスサーモは同じ保温性と、吸湿速乾性に優れた素材ですが、素材は化学繊維で作られています。つまりウールなどの天然素材は使われていません。

比較4:ジオラインとスーパーメリノウール

実はモンベルブランドの中でも、ジオラインとスーパーメリノウールと言ういったような商品のラインナップがあります。どちらも暖かさを持続させるインナーとして人気があります。ジオラインとスーパーメリノウールを比較した場合、その2つの違いは速乾性にあります。

スーパーメリノウールは吸湿することで発熱します。一方ジオラインは遠赤効果で暖かいインナーです。保温性はスーパーメリノウールに、速乾性はジオラインに軍配が上がります。またジオラインは夏用のインナーもラインナップしています。つまり速乾性を活かしたベースレイヤーなんです。秋冬用の防寒対策としてのベースレイヤーを選ぶ際は注意してくださいね。

snowboarding

冬場の登山やスノーボードなど大量に汗をかかないスポーツは、スーパーメリノウールがおすすめ。保温性に注目しましょう。一方冬の激しい屋外スポーツ、ラグビー等はジオラインがおすすめです。これは汗が冷えて体温を防ぐのが目的です。

スーパーメリノウールは選べる3タイプ

mont-bell shop

最近はヒートテックでも、生地の厚さによってタイプが選べるようになりましたね。モンベルのジオラインもスーパーメリノウールでも、生地の厚さによって3タイプ存在します。ヒートテックと異なるのは、ヒートテックの着用が日常的で、冬場などの寒い時期のみであるのに対し、スーパーメリノウールはレイヤードシステムの為、1年を通して着用することができる点です。ここではスーパーメリノウールのそれぞれの種類の特徴についてご紹介します。

L.W.(ライトウエイト) 薄手

モンベルのスーパーメリノウールには、生地の厚さや重さによって3タイプ用意されています。スーパーメリノウールL.W.(ライトウェイト)は、スーパーメリノウールの中でも最も薄手で、普段遣いにもぴったりなインナーとして最も人気の高い商品です。1年を通して幅広く使えます。

M.W.(ミドルウエイト) 中厚手

スーパーメリノウールM.W.(ミドルウェイト)は、ほどよい暖かさと、ストレッチ性を備えており、登山やウィンタースポーツなどから寒い冬場のインナーとしても使える人気の商品です。

EXP(エクスペディション) 厚手

スーパーメリノウールEXP(エクスペディション)は、スーパーメリノウールの中でも最も厚手の生地です。厚手ながらもストレッチ性が効くため、動きやすい上保温性と速乾性を併せ持つモンベル最高級のアンダーウェアです。

モンベルおすすめベースレイヤー:1

モンベルのスーパーメリノウールを使ったアイテムは長袖シャツだけではありません。スーパーメリノウールを使ったタイツも人気商品です。同じくベースレイヤーとして人気で、生地の種類もシャツと同じく3種類あります。秋冬キャンプで着用するならMWがおすすめ!画像のタイツは「スーパーメリノウール M.W. タイツ」。男性用ですが女性用ももちろんあります。タイツの価格帯は4,000円〜となっています。

www.supersports.com/ja-jp/lbreath

モンベルおすすめベースレイヤー:2

タウンユースで使うなら、「スーパーメリノウール LWタイツ」がおすすめ!薄手ながら高い保温性を実現したタイツです。レイヤリングしやすいボリューム感で動きやすく、ちょっとしたハイキングから旅行、日常生活まで一年を通して幅広く活躍します。

www.supersports.com/ja-jp/lbreath

モンベルおすすめベースレイヤー:3

卓越した発熱量を誇るスーパーメリノウールに速乾性をプラスした、モンベル独自のアンダーウエアです。デッドエア(断熱層としての空気)を保持するボックス構造を採用し、身体を包み込むような暖かさが持続します。スーパーメリノウール EXP. タイツは、冬山登山など寒冷地でのアクティビティにおすすめです。

スーパーメリノウール EXP. タイツ
¥7,480税込

www.supersports.com/ja-jp/lbreath

モンベルおすすめベースレイヤー:4

ウールの優れた保温性と伸縮性を兼ね備えた中厚手のアンダーウエアです。しなやかでチクチク感のない肌ざわり。汗の吸湿性に優れ、吸い取った汗を緩やかに放出するため汗冷えしません。日常からスノースポーツまで幅広いシーンで活躍します。

www.supersports.com/ja-jp/lbreath

モンベルおすすめベースレイヤー:5

スーパーメリノウールを使い、薄手ながらも高い保温性を実現したTシャツです。レイヤードしてもゴワゴワしない適度なボリューム感で、動きやすいのが特徴です。登山や旅行から普段遣いなど1年を通して着用できるインナーです。半袖Tシャツは最も薄手のL.W.のみラインナップされています。

www.supersports.com/ja-jp/lbreath

モンベルおすすめベースレイヤー:6

スーパーメリノウール EXP. ラウンドネックシャツは、卓越した発熱量を誇るスーパーメリノウールに速乾性をプラスした、モンベル独自のアンダーウエアです。デッドエア(断熱層としての空気)を保持するボックス構造を採用し、身体を包み込むような暖かさが持続します。スノーボードや冬山登山など、極寒地でのアクティビティにおすすめです。

www.supersports.com/ja-jp/lbreath

モンベルおすすめベースレイヤー:7

ジオライン M.W. サイクルアンダーシャツは、快適なライディングをサポートする自転車専用デザインのベースレイヤーです。風を受ける前面と肩から腕部分にかけては、保温性重視のジオライン®M.W.を使用。蒸れやすい背面と脇部分には速乾性重視のジオライン®L.W.を使用し、サイクリングに理想的な保温性とドライな着心地を実現しました。汗冷えしにくく、においの発生を抑える制菌効果を備えています。タイトなシルエットながらも、ストレッチ性に優れ、激しい動きにもフィットします。

www.supersports.com/ja-jp/lbreath

モンベルおすすめベースレイヤー:8

タイツはちょっと普段遣いではという方におすすめの、トランクスタイプです。スーパーメリノウールの天然素材ならではの防臭効果も備えています。薄手のL.W.ですがストレッチ性、保温性に優れた暖かいインナーです。登山やハイキング、旅行にはもちろんですが普段遣いにもぴったりです。

www.supersports.com/ja-jp/lbreath

モンベルおすすめベースレイヤー:9

モンベル製品ではありませんが、おすすめアイテムを。メリノウールを使用したフェイスマスクは、スキーやスノボに欠かせないアイテムです。

www.supersports.com/ja-jp/lbreath

モンベルおすすめベースレイヤー:10

スーパーメリノウールではありませんが、上質で繊維長の長い天然の羊毛であるメリノウールをたっぷりと使用したモンベルのニーソックスです。フィット感が良い暖かいソックスです。登山用のソックスですが、普段遣いにもぴったりです。

www.supersports.com/ja-jp/lbreath

モンベルおすすめベースレイヤー:11

こちらも上質なメリノウールを使用した登山用ソックスです。防臭効果にも優れ、チクチクしないのでウールが苦手な方にもおすすめです。またウールならではの吸方湿性により、履いていると足元からポカポカと暖かいソックス。また防縮加工により洗濯時の縮みも防いでくれます。登山用ですが普段遣いにもおすすめです。

www.supersports.com/ja-jp/lbreath

モンベルおすすめベースレイヤー:12

多彩なマウンテンスポーツに対応する、MILLET(ミレー)のウールインナーグローブ。保温性としなやかな肌触りに優れたウール100%を使用することで、肌に直接触れるインナーグローブとして最適な機能を提供します。手の平部分にはシリコンの滑り止めを配置し、単独で使用したときの高い操作性も備えています。さらに親指、人差し指、中指はタッチパネル対応です。

www.supersports.com/ja-jp/lbreath

アウトドアでも普段でも暖かく!

Circle Of Light (Lens Flare), Wisley

いかがでしたでしょうか。モンベルのスーパーメリノウールを使ったインナー類は、まさにベースレイヤーとして最適です。吸湿性や速乾性、保温性も他のメーカーと比較しても優秀なレイヤーで、しかもお値段もお求めやすい!レイヤードしても動きやすく、特に冬場の登山やトレッキングにおすすめです。また普段遣いとしても人気が高いので、ユニクロヒートテックでは満足できない方は、ぜひいちどモンベルのスーパーメリノウールかジオラインを試してみてくださいね。

こちらの記事もおすすめです!

 

outdoorlover.hateblo.jp

outdoorlover.hateblo.jp

outdoorlover.hateblo.jp

 

プライバシーポリシー お問い合わせ