outdoorloverのブログ

このブログは、キャンプやトレッキング、サイクリングに釣りなど、アウトドアが趣味の私が、愛用しているツールの紹介や、気になるアイテムの紹介をしています。同じ趣味を持つ方に少しでも有益な情報を発信できるよう、心がけています。ぜひ最後までご覧ください!

ワークマンの売れ筋アパレルをチェック!気になるサイズ感をご紹介します!


スポンサードリンク

Busy on a Sunday

働く人達のつよい味方「ワークマン」。ワークマンが新しく展開したワークマンプラスは、ワークマンがこれまで培ってきた過酷な環境下でも、身体を守り、丈夫で、機能性が高く、しかも安い衣類を製作する技術をアウトドアで活かすために立ち上げたブランドです。

Money

アウトドアブランドのアパレルと比較すると、格段に安い価格帯。しかも撥水性や、防水性、保温性など機能性も高く、TV番組にも紹介されたことから、人気急上昇中です。そんなワークマンプラスの中でも人気のアイテムを、アパレル店員がチェックしてきました!

ワークマンで買うべきアイテム7選!

今回はワークマンプラスの中でも、キャンプや釣りなどアウトドアだけでなく、タウンユースにも使えそうなアイテムを選んできました。気になるサイズ感もあわせて参考にしてくださいね。

1.マウンテンパーカー

 

 高撥水マウンテンパーカー

デザインは、シェラデザインズの60/40パーカーにそっくり。でも価格は1/5程度。しかも撥水機能もあるので、キャンプだけでなく釣りにもぴったり。気になるサイズ感ですが、165㎝、体重65kgのややメタボな私が試着したのは、Sサイズ。袖丈や、身幅もジャストサイズに近い感じでした。インナーに厚手のニットを着てちょうどよい感じ。着丈はやや長め。

カラーリングもオレンジ、カーキグリーン、ベージュ、ブラックと4色展開。個人的にはジーンズに合わせやすい、カーキグリーンと、オレンジがお気に入りです。

 2.プルオーバータイプのアノラックパーカー

 

高撥水アノラックパーカー

プルオーバーいわゆるヤッケタイプのパーカー。フルジップタイプより、オシャレ度が高いのでお気に入りです。サイズはやや小さめのつくりです。先ほどのマウンパと同じくSサイズを試着したのですが、身幅、肩幅が小さくピチピチに。こちらもうれしい撥水加工なので、キャンプや釣りに活躍するでしょう。

3.防水性のあるブーツ

f:id:renasuya:20200104190931j:plain

防寒ブーツ ラークス

見た目はもうお分かりでしょう。L.L.Beanビーンブーツです。レザーではなく合成ゴムで出来ているので、近くでみるとちょっとチャッぃ感は否めません。ただ本家より履きやすく、面倒なメンテナンスも不要、価格も1/6程度!REDWINGの8875の8Dを愛用している私はLサイズを着用。厚手のソックスでちょうどよいサイズ感でした。

4.タウンユースでも使えるブーツ

f:id:renasuya:20200104190944j:plain

フィットブーティ

ノースフェイスのトラバース ベースキャンプ ブーティそっくりのブーツ。ですが価格は1/4程度とおそるべきブーツです。かなり軽いので(本家と同じ程度?)、防水ブーツをお探しの方にぴったりです。サイズは先ほどと同じくLサイズ。厚手のソックスでやや窮屈な感じです。

5.真冬でも暖かいブーツ

f:id:renasuya:20200104190938j:plain

防寒ブーツ ケベック

こちらもノースフェイスのヌプシそっくり!軽量さや、暖かさの違いもほとんど感じません。防水性もあるので、雪中キャンプにも使えそう。こちらもLサイズを着用。厚手のソックスでジャストサイズでした。ジーンズなどにも合わせやすいので、タウンユースメインで使いたいですね。

6.ミリタリー感たっぷりの防水シューズ

f:id:renasuya:20200104190942j:plain

PVC防水シューズ

紐なんて飾りですよ!偉い人にはそれがわからんのです!なんて声が聞こえてきそうなこのシューズ。とはいうものの、今回試着した中で、もっとも気に入ったブーツがこいつなんです。すこし重いですが、その重さが頑丈さという安心感を得られます。まさに、ヘビーデューティーなシューズです。履きやすい防水ブーツです。27㎝を試着しましたが、やや大きく感じました。ジャストなら26~26.5㎝かなぁと思います。アメカジにもあわせやすいので、雨降りの際に活躍してくれるでしょう。

7.サイドゴアっぽいレインブーツ

f:id:renasuya:20200104190947j:plain

アウトドアブーツ

動きやすいアンクル丈の防水ブーツ。実はMサイズを試着したのですが、履きにくい!結構生地が伸びるので、ジャストフィットするのですが、脱げない!そのため①サイズアップがいいでしょう。出来ればこのタイプはサイドゴアにして欲しかったと思ったブーツです。

最後に

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

WORKMAN/ワークマンプラス【公式】(@workman_plus)がシェアした投稿 -

今回はボトムスまで紹介できなかったのが残念です。ワークマンプロはデザイン性も、ぐんと良くなっていますが、まだまだ残念なのでが、ベストとボトムス類です。シューズはもちろんですが、小物のデニムやヒッコリーのエプロンなんか、とてもかっこいいんです。これからきっとおしゃれで、かっこいいボトムスやカバーオールが登場するのではないでしょうか。2020年も注目していきたいワークマンプロでした。

こちらの記事もおすすめ!

 

outdoorlover.hateblo.jp

outdoorlover.hateblo.jp

outdoorlover.hateblo.jp

 

プライバシーポリシー お問い合わせ