outdoorloverのブログ

このブログは、キャンプやトレッキング、サイクリングに釣りなど、アウトドアが趣味の私が、愛用しているツールの紹介や、気になるアイテムの紹介をしています。同じ趣味を持つ方に少しでも有益な情報を発信できるよう、心がけています。ぜひ最後までご覧ください!

ロッジ型テントおすすめ13選!おしゃれで可愛いテントはこれに決まり!


スポンサードリンク

大家族や大人数でキャンプしたい!という方にはロッジ型テントがおすすめ!小屋のような形が特徴的!ティピーテントと真逆で面積や空間が広く、居住性に優れたテントとなります! ここではファミリーキャンプにおすすめの、ロッジ型テントをご紹介します。

ロッジ型テントとは

ロッジ型テントとは、その名の通り山小屋のような形をしたテントのことです。最近は、ティピーテントやドーム型テントが流行っていますが、1970年代に一躍ブームを巻き起こしたのがロッジテントなのです。ここ最近、ロッジテントがまた注目されています。レトロ感たっぷりのロッジテントは、他のテントと比べると広々とスペースを確保できるため、グループ・ファミリーキャンプでも人気があります。

ロッジ型テントの魅力

ロッジ型テントは昔懐かしい山小屋型のテントです。70年代に主流の形であったロッジ型テントは、ここにきてもう一度注目されるようになりました。注目の理由はインスタグラムなどで見るおしゃれキャンプの影響が強いようですが、実際は見た目だけでなく優れた居住性を兼ね備えた優れたテントです。

設営が簡単


【テント設営&レビュー】全米売上NO.1コットンテント [f:id:renasuya:20210226174910p:plain] S Flex-Bow VX review 張り方紹介【女子キャンプ】

ロッジテントの魅力は、なんといっても設営が簡単なことです。通常、テントの設営や撤収を一人でするのは大変です。しかし、ロッジテントなら一人で設営・撤収ができるのです。ポールを並べて骨組みを繋ぎ、幕体を被せるだけの簡単設営ですので、初心者からも人気があります。他のテントと比べても、設営・撤去時間が短縮されますので、思いっきりキャンプを楽しむことができます。

開放的で天井が高い 

ロッジ型テントの魅力は、高い天井と開放的な空間です。ロッジ型テントは山小屋の様に立ち上がった壁に屋根が掛かる形状です。そのため室内は中央でも端でも十分な高さが確保され、他の種類のテントに比べて広い居住空間を得ることが出来ます。メインの幕は高い遮光性と通気性を備えたコットン生地が主体で、高温多湿の日本の夏にとても適したテントです。

薪ストーブが使える

ロッジ型テントは、天井が高く換気口が付いているタイプが多いため、様々なテントの形がある中で、最も薪ストーブをインストールするのに向いているテントと言えます。

おしゃれで可愛いデザイン

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Claudio(@gclau_dio)がシェアした投稿 -

ロッジ型テントは快適な室内空間が特徴ですが、やはりおしゃれな外観も魅力的です。インスタグラムなどで見るおしゃれキャンプの代名詞テント。窓から漏れる灯りも、テントサイトで映えるんですよね。

ロッジ型テントのデメリット

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

WEDCAMP 🧠👙👄(@wedcamp_retreat_business_party)がシェアした投稿 -

ロッジ型テントのデメリットは重量と広さです。大きめのテントなので、必然的に重量は大きくなり、広いサイトが必要になります。しかし大人数でのキャンプで使うことが多いので、みんなで協力すればそれほど持ち運びは大変にはならないはず!

ロッジ型テントは価格が高い特徴があります。ロッジテントの代名詞的メーカーのキャンパルジャパンが出しているロッジ型テントで一番手ごろ価格のもので約10万円、高価なモデルになると30万円以上のものもあります。

ロッジ型テントはその大きさから、広いサイトでないと張れないデメリットがあります。最低10×10m程度の広さがほしいところ。キャンプ場選び、サイト選びが必要となるテントです。

おすすめおしゃれロッジ型テント:1

本体生地にポリエステルを採用し、濡れても乾きやすくイージーメンテナンスを実現。
生地は厚く、雨天時も安心なグランドシートは取り外し可能。
全開口部はメッシュパネル、夏でも快適に過ごせる日本仕様のゲル型テント。
ボトム直径が2.5mで、コンパクトキャンプに適した2~3人用です。

おすすめおしゃれロッジ型テント:2

中央のポールを立てて張るだけの簡単な組み立てなので、 大きなテントながら簡単に設営可能。
サイド部分が立ち上がっているワンポールテントは、 エントランスが広く、出入りしやすい構造。
隅々まで無駄なく活用できるので室内が広く使用でき、 高さもあるので大人が立つことも容易です。
メッシュパネルの出入り口は巻き上げが可能。
テント天井部と下部側面にはベンチレーションを設け、 温度・湿度の調整が可能。
センターポールにはフックを装備し、 室内用ランタンなどを吊り下げできます。

おすすめおしゃれロッジ型テント:3

エクステンションフレームで生まれる広い空間と、大胆に開口するパネルで、ワンポールのデメリットを解決したミドルサイズシェルター。
ワンポールとは思えない居住空間の広さは、独特のエクステンションフレームの配置によるもの。
4人が快適に過ごせるサイズと、スタイリッシュな佇まいが特徴の、ゼインアーツのアイコンとも言えるべき存在です。 

おすすめおしゃれロッジ型テント:4

愛され続けている理由が、ここにあります。オガワ社内人気ナンバー1!
理由は安心感・汎用性の高さ・設営撤収のしやすさです。
Newカラーに加えトリプルファスナー装備。人気のフルメッシュで抜群の解放感!遮光性や結露を軽減するライナーシート、側面パネルを張り出し用ポールも付属しています。

おすすめおしゃれロッジ型テント:5

テント内は予想を超える大空間と快適性。
「復刻」や「レトロ」ではなく今の時代にこそふさわしいロッジ。
全方向にメッシュを完備し、インナーには快適なT/C素材を採用し、正面は好印象な格子デザイン。背面パネルは別売りのポールを使用すれば張り出しが可能です。
細部にまでこだわった「ogawaオーナーロッジ」の魅力をご堪能ください!

おすすめおしゃれロッジ型テント:6

5人用ハイスペックロッジドーム(ツールームテント)です。ハイスペックな生地・フレームを使用し、換気機能など快適装備を施したエクセレントモデル。
前・後面フラップ 前・後面出入口には大型メッシュパネルとフラップを装備。
さらにフラップ下部には途中巻止め式の空気取り入れ機能を装備。
両側面の出入口 出入口にはアウトサイドメッシュパネルを装備。
日差しをカットし、虫などの侵入を防ぎます。
張綱 側面6ヵ所にY字形の張綱を装備。風に対する強度を高めました。
フライシートには、厚手のポリエステル210dを使用し、耐候性、遮光性、耐久性など高い性能を誇ります。
グランドシートには、完全防水で安心なPVC(耐水圧10,000mm以上)を使用しています。

おすすめおしゃれロッジ型テント:7

グロッケにリップストップ生地の8m²サイズが登場。
グロッケの快適性はそのままに、コンパクトで扱いやすく女性でも楽々設営ができます。下部の大型ベンチレーターはメッシュにもなります。上部にもベンチレーター装備。出入口のひさし部はロールアップ可能。8m²とは思えない広々空間。
72cmあるサイドの立ち上がりで、室内空間が驚くほど広く感じられます。

おすすめおしゃれロッジ型テント:8

開放的な軽量リッジ「Ydun」のミニバージョン。大人2人が入っても余裕のある大きさです。革新的な生地と軽量素材を使うことで、軽量かつパッキングのミニマム化を実現。テントの前後にあるメッシュの入り口2箇所と、テントの内側から開閉できる窓があり、開けると心地良い風の通り道となります。
また、このテントの最大の魅力は、ポールレイアウトです。
入り口は前後ともAフレームになっているため、間口を大きく広げ、テントの中からでも外の景色を存分に堪能することができます。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
プライバシーポリシー お問い合わせ