outdoorloverのブログ

このブログは、キャンプやトレッキング、サイクリングに釣りなど、アウトドアが趣味の私が、愛用しているツールの紹介や、気になるアイテムの紹介をしています。同じ趣味を持つ方に少しでも有益な情報を発信できるよう、心がけています。ぜひ最後までご覧ください!

アウトドアで美味しいコーヒーを楽しもう!コーヒーメーカーとコーヒー豆の選び方をご紹介します!


スポンサードリンク

 Coffee

いつもはお湯を沸かして、インスタントコーヒーで済ませているあなた。確かにキャンプなどのアウトドアで、本格的なおいしいコーヒーを味わうのは敷居が高そうです。しかしご安心ください。アウトドアでも、本格的なおいしいコーヒーが楽しめる便利な道具がたくさんあるんです。ここではアウトドアでも本格的なおいしいコーヒーを味わうための便利な道具をたっぷりとご紹介します。

 

キャンプで美味しいコーヒーが飲みたい!

Camp Coffee

キャンプなどでインスタントコーヒーではなく、淹れたてのコーヒーの香りを楽しみたいとは思いませんか?景色のよい場所で飲むコーヒーは、格別です。実はそれほど難しくなく、誰でも簡単にアウトドアでコーヒーが楽しめます。ここではキャンプなど、アウトドアでコーヒーを楽しむ方法をご紹介します。

キャンプでコーヒーを飲むには

Coffee

キャンプなどのアウトドアで、淹れたてのコーヒーを楽しむには、コーヒー豆とコーヒーメーカーが必要です。コーヒーメーカーもアウトドアで使えるよう、コンパクトで持ち運びできるものでなくてはなりません。ドリッパーを持ち運んでもOKなのですが、せっかくなら、コーヒーメーカーを持っていきたい。そんなあなたに、アウトドア用コーヒーメーカーの種類をご紹介します。

outdoorlover.hateblo.jp

キャンプで活躍するエスプレッソメーカー

Bialetti.

昔から、アウトドアファンに絶大な人気を誇るコーヒーメーカーが、エスプレッソメーカー「マキネッタ」です。直火にかけてもOKで、コーヒーの風味を逃がすことなく、いつでもどこでも淹れたてのエスプレッソが楽しめます。

野趣あるコーヒーが楽しめるパーコレーター

Percolator

もっとも乱暴なコーヒーメーカーといわれているのが、パーコレーターです。こちらの歴史も古く、アメリカ開拓時代に愛されたコーヒーメーカーです。コーヒーを沸かして飲む為、風味が逃げるのですが、野趣溢れるこのコーヒーが好きだ!と言う方も多いのも事実です。

保温保冷が出来るコーヒープレスボトル

French Press

ポットタイプのコーヒーメーカーです。ホットコーヒーだけでなく、アイスコーヒーも楽しめるのがメリット。ボトルタイプなので、お出かけ前にセットするのが一般的。淹れると言うより、水出しタイプのコーヒーメーカーです。

トルコ式コーヒー(イブリック)

ibrik

イブリックとは、コーヒーを煮出して味わう中近東なので引用されているスタイルです。コーヒー粉は極細挽き。弱火にかけてスプーンで混ぜながら温めていきます。泡が立ってきたら火からおろし、スプーンで軽くかき混ぜながら再び火にかけます。これを3回ほど繰り返し、コーヒーの粉が沈んでから上澄みをカップに注ぎ味わいます。

便利なオールインワンのコーヒーメーカー

Magic In The Morning Machines!!!

豆挽き、ドリッパー、カップがセットになったオールインワンタイプ。最近注目されているコーヒーメーカーです。コンパクトに収納出来るので、キャンプや登山などのアウトドアで便利なコーヒーメーカーです。

アウトドア用コーヒー豆の選び方

Beans

おいしいコーヒーを飲みたいのならばコーヒー豆の選び方が重要です。よりおいしいコーヒーを飲みたいのであれば豆の状態で購入し、直前に挽くのがベストです。

最も手軽なのはスーパーマーケットやコンビニで販売されている粉で買う場合や、もっと手軽なのはインスタントコーヒーです。

コーヒー豆を買う際のポイントは、専門店で購入することや銘柄名家さんちからクオリティーを読み取る、焙煎度による味わいの傾向を知る、入れる直前に挽くことです。

pot o' beans (coffee beans)

コーヒー豆を挽く場合は、挽いた粉の大きさが重要です。なぜならば味わいだけでなくコーヒー抽出器具によって挽きの粗さが変わるからです。

粗挽き

Drip coffee
粉の大きさはザラメ糖ほどパーコレーターやフレンチプレス、ペーパードリップなどであっさり仕上げたいときに有効です。

中挽き

Kaffe med Bialetti


コーヒー粉の大きさはグラニュー糖よりやや大きめ。ペーパードリップ式など多くの器具に有効です。フレンチプレスはもちろん、金属フィルターや水出しにも使えます。

細挽き

French Press Morning

コーヒー粉の大きさはグラニュー糖ほどの大きさ。表面積が大きく成分が抽出されやすいので、エスプレッソなどの濃厚な味わいを求めるときに。ペーパードリップはもちろん、水出しやマキネッタに。

極細挽き

Drip coffee

最も細かいコーヒー粉。パウダー状のメッシュ日になっておりエスプレッソマシンや、煮出して作るトルココーヒー等にぴったりです。器具はエスプレッソマシンやイブリックなどです。

アウトドアで活躍するおすすめコーヒーメーカー:1

ソロキャンプなどのアウトドアではもちろん、ソロツーリングのお供にもぴったり。ビアレッティのエスプレッソメーカー、モカエキスプレスです。ワンバーナーさえあれば、いつでもどこでもおいしいエスプレッソが楽しめるマキネッタ。アウトドアでも簡単においしいエスプレッソが楽しめます。大きさもワンカップから最大18カップルほどあります。100年以上も変わらない姿で、完成されたコーヒーメーカーと言えます。もちろん丈夫で長持ちしますので、やっておいて損はありません。お値段は2カップで3,000円程度です。

アウトドアで活躍するおすすめコーヒーメーカー:2

アルミニウム鍋に良好な透過性、耐熱性を有し、ガスストーブ、石油ランプ、電気ストーブによって加熱することができ、ほとんどの調理器具に配置することができます。新鮮なコーヒーの素敵な香りが楽しめます。3つの区画には、ネジ止めすることにより容易に一緒に収まります。快適に手にフィットするプラスチック製のハンドル付き。価格も1,000円以下とお買い得です。 

 

アウトドアで活躍するおすすめコーヒーメーカー:3

スタイリッシュなデザインがかっこいい、ビアレッティのエスプレッソコーヒーメーカーです。バーナーに直接火にかけても大丈夫な直火式。コーヒーの淹れ方も簡単で誰でもおいしいカフェオレやカフェラテが楽しめます。光沢のあるフォルムは高級感もあり、キャンプなどのアウトドアではもちろんですが、おうちでもおいしいカフェが楽しめます。人気のサイズは4カップ分。価格は4,000円程度です。

アウトドアで活躍するおすすめコーヒーメーカー:4

キャプテンスタッグのコーヒーポット。コーヒーの淹れ方、抽出方法はパーコレーターで、野趣に富んだ味わいが魅力です。キャンプやアウトドアでコーヒーを楽しむならパーコレーターと言うほど、定番のコーヒーメーカーです。コーヒーの淹れ方も、粗挽きコーヒー豆と水を入れ火にかけるだけの手軽さ。ポットやケトルとしての利用も可能ですので、買っておいて損はありません。キャンプやアウトドアにもっていくなら、3カップ分位のこの大きさが人気です。お求めやすい価格でお値段は2,500円程度です。 

アウトドアで活躍するおすすめコーヒーメーカー:5

コールマン ステンレスパーコレーター3 170-8028

コールマン ステンレスパーコレーター3 170-8028

  • 発売日: 2012/03/26
  • メディア: スポーツ用品
 

クラシックなフォルムが、キャンプなどのアウトドアにぴったりなコールマンのコーヒーポット。コーヒーの淹れ方、抽出方法はパーコレーター式です。もちろんバーナーや焚き火など直接火にかけても大丈夫。ドリップ式に比べると味や香りは落ちますが、淹れ方も簡単で、野趣に富んだアメリカンコーヒーが楽しめます。価格は4,000円程度です。 

アウトドアで活躍するおすすめコーヒーメーカー:6

 大人数でのキャンプに最適!最大21リットルと、大き目の作りになっておりますので、大人数でのアウトドアやキャンプにてお使いいただくのに最適です。清潔で丈夫なステンレス製。価格は15,000円程度です。

アウトドアで活躍するおすすめコーヒーメーカー:7

 保温も出来るフレンチプレス式のコーヒーメーカー。「ダブル・マイクロフィルター」によってコーヒーの微粉を極限までキャッチし、コーヒー豆が過剰に抽出されること(過抽出)が限りなく抑えられているので、雑味が無く、クリアな味を手軽に楽しめます。 また、"ウルトラライトトラベルプレス"は世界最軽量級でどこへでも簡単に持ち運べることも特徴。ステンレス真空断熱二層構造により、"淹れたて"の味と飲みごろ温度をキープ。価格は、6000円程度です。

アウトドアで活躍するおすすめコーヒーメーカー:8

コーヒーをドリップするタイプではない、水出しコーヒーメーカー。水から時間をかけてじっくりと低温抽出する「水出し」が注目されています。高温による酸化を防ぎ、苦味や渋みのもとになる「タンニン」や「カフェイン」が溶け出しにくいので、口当たりなめらかで甘みがあり、コーヒー豆本来の味や香りを愉しめます。価格は1,500円程度です。

アウトドアで活躍するおすすめコーヒーメーカー:9

コーヒープレス搭載のサーモボトルです。抽出器具なし、これ1つで手軽に本格コーヒーを楽しめます。淹れたらキャップをしてそのまま持ち運べるので、アウトドアシーン、オフィスや忙しい朝など様々なシーンで重宝します。真空2層構造のボトルだから、ホットでもアイスでもOK。最後まで飲み頃温度をしっかりキープしてくれます。キャップはハンドル型で開閉しやすく、お手持ちのカラビナも取り付けることができ、アイデア次第で幅広く使用できます。フィルター部分を外せば、サーモボトルとして使用できます。分解できてお手入れしやすいです。誰でもどこでも手軽に本格コーヒーを楽しめるサーモボトルです 。価格は5,000円程度です。

アウトドアで活躍するおすすめコーヒーメーカー:10

OUTDOOR MAN ポータブルコーヒーメーカー KK-00417
 

ミル・タンブラー・ドリップセットが全部揃っている、オールインワンのコーヒーメーカーです。豆挽きからドリップまでこれひとつでOK。 コンパクトに収納できて持ち運びに便利です。 キャンプや釣り、登山などのアウトドアではもちろん、職場やオフィスでも淹れたてのコーヒーが楽しめます。価格は4,000円程度です。

アウトドアで活躍するおすすめコーヒーメーカー:11

こだわりのフレッシュな挽きたてコーヒーが、どこでも楽しめるオールインワンのコーヒーメーカーです。荷物が多いキャンプにはうってつけのコンパクトさで、カフラーノ+コーヒー豆+お湯(もしくは沸かす道具)でコーヒーを淹れて飲むことができます。Kalita ウェーブフィルター155が合うので、面倒な後始末も楽々!価格は12,000円程度です。

アウトドアで活躍するおすすめコーヒーメーカー:12

カリタ Kalita コーヒー イブリック300 #52186

カリタ Kalita コーヒー イブリック300 #52186

  • メディア: ホーム&キッチン
 

 伝統のトルコ式コーヒーを再現したカリタのイブリックです。抽出方法はコーヒー粉・水を入れ弱火にかけてコーヒーを煮出すだけと簡単!しかも、かい込むほど味がでる銅製品のイブリックです。焚き火の上にかざして飲むイブリックは、見た目にもおしゃれ!コーヒー通のあなたにおすすめです。価格は4,000円程度です。

キャンプでコーヒーを楽しもう!

Campground Coffee

いかがでしたでしょうか。ここではキャンプなどのアウトドアでも本格的でおいしいコーヒーが、ワンバーナーで簡単に味わえることができる便利な道具や、淹れ方のコツをご紹介しました。ぜひあなたも、ここで紹介した道具や、淹れ方を参考にしてアウトドアでのコーヒーを楽しんでくださいね。インスタントコーヒーとは違い、手間ひまをかけた分きっと美味しく味わえることでしょう。

outdoorlover.hateblo.jp


 

プライバシーポリシー お問い合わせ