outdoorloverのブログ

このブログは、キャンプやトレッキング、サイクリングに釣りなど、アウトドアが趣味の私が、愛用しているツールの紹介や、気になるアイテムの紹介をしています。同じ趣味を持つ方に少しでも有益な情報を発信できるよう、心がけています。Twitterでは「【Amazonタイムセール】おすすめアイテムPick~」を配信中! @outdoorlove6をフォローしてね!

おしゃれキャンプを楽しみたいならホーローマグカップがおすすめ!おしゃれで人気のマグカップを一気にご紹介します!


スポンサードリンク

f:id:renasuya:20211129212804p:plain

SNSに映えるおしゃれキャンプを楽しみたいなら、マグカップ選びにも手を抜いてはいけません。マグカップはチタン製、ステンレス製、そしてホーロー製と大きく分けて3種類ありますが、その中でもおしゃれなデザインで人気のマグカップはやっぱりホーロー製です。ここではホーロー製マグカップのメリットとデメリット、おすすめのマグカップをご紹介します。

ホーロー(琺瑯)とは

ホーロー(琺瑯)とは、鋼・鋳鉄・アルミなどの金属の下地にガラス質の釉薬を塗り、高温で焼き付け融着させたもの。表面がエナメル質になる為、美しい色合いと光沢をもつのが特徴です。鉄の強さとガラスの美しさをあわせ持つ素材です。ガラスは、水、熱、ニオイに強く、さらに見た目も美しい素材です。

ホーロー製マグカップのメリット(1)

ホーロー製マグカップは熱にも強く万が一火の近くに置いていたとしても、溶けたり割れたりということはしにくいので安心です。あまりマグカップで直火をするキャンパーはいないですが、ホーローは耐熱性が高く、200℃くらいまでの調理が可能なので、オーブンはもちろんストーブでの直火もOK!その代わり取っ手がアツくなるので注意が必要です。

ホーロー製マグカップのメリット(2)

ホーローは保温性にも優れているんです。見た目もほっこりと暖かみを感じるホーローは、一度熱を入れると冷めにくという特徴もあります。特に寒い日のキャンプにはマグだけでなく鍋やケトル、その他の食器もホーローで揃えるとも温かさがキープできるのでおすすめです。

ホーロー製マグカップのメリット(3)

ホーロー製マグカップは傷付きにくいことから、雑菌の繁殖を防ぐことができて衛生的。汚れもさっと落ちるので水をあまりつかえない状況のアウトドアにぴったりです。また匂い移りしにくいのも特徴です。さらにガラスや陶器のマグカップに比べても軽量なので、キャンプやピクニックなどのアウトドアの際に使う人に人気なんです。汚れがこびりつきにくく、色の劣化も少ないので長く使うことができるのも魅力です。

ホーロー製マグカップのデメリット(1)

もちろんメリットばかりではありません。おしゃれで実用的なホーロー製マグカップにも弱点があります。家庭で使う際電子レンジはNG。キャンプで使う場合は落下などの衝撃に注意しましょう。ホーローの表面に傷がついたり、欠けたりしてしまうんです。ホーロー製マグカップは衝撃に弱いのです。

ホーロー製マグカップのデメリット(2)

これはステンレス製マグカップにも言えるのですが、取っ手が折りたためないため、スタッキングが出来ません。ソロキャンプではパッキングしやすいマグカップを選ぶのが一番ですが、ホーロー製マグカップはどうしても嵩張ってしまうのです。もちろん移動手段が徒歩やバイク、自転車でなくマイカーであるならばスタッキングは無視しても良いデメリットと言えるでしょう。

おしゃれキャンパーにおすすめホーローマグ:1

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/817lZnbgf8L._SL1500_.jpg

イギリスに拠点を置くデザインチームWild&Wolfの人気ブランドであるジェントルマン ハードウェア。現代のライフスタイルの中に ヴィンテージの良さをプラスすることをコンセプトにデザインされたおしゃれなギアが豊富です。アウトドアにぴったりなレトロなデザインが人気です。

おしゃれキャンパーにおすすめホーローマグ:2

おなじくジェントルマン ハードウェアのマグカップ。こちらは油絵のようなおしゃれなデザインです。直接火にかけるのがもったいなくなるキレイなホーローマグです。

おしゃれキャンパーにおすすめホーローマグ:3

<

2つのエナメルエスプレッソマグのセットです。マグの側面には、「Seize The Day」と「Carpe Diem」がプリントされています。ゆったりとしたキャンピングに最適なマグカップです。あなたのお気に入りのマグカップを持って冒険に出かけよう。ホーローのマグはアウトドアに良く似合います。自分用にはもちろんですが、プレゼントにも最適です。

おしゃれキャンパーにおすすめホーローマグ:4

2020年で「ムーミン75周年」。 1945年に最初の小説「小さなトロールと大きな洪水」が発表されてから、四分の三世紀がたちました。鋼板の板厚が0.8mmあるとても丈夫なマグカップです。 表面がガラス質で汚れがつきにくく、清潔に保てるホーローマグは毎日使用する食器としておすすめです。 コーヒーやドリンクなど幅広くお使いいただけます。

おしゃれキャンパーにおすすめホーローマグ:5

デラックスシリーズは、クリーム色のカラー深緑で淵どりのされたレトロな雰囲気を醸し出すプレミアムシリーズです。昔から愛用されているクラシカルなホーロー食器で、厚い鉄板に琺瑯が施され700度以上の熱処理を2回かけ強固に美しく仕上がっています。

おしゃれキャンパーにおすすめホーローマグ:6

キャンドル使用後はマグカップを沸騰したお湯につけ洗浄し、蝋を完全に落としてからマグカップとして再利用しましょう!細部までこだわったデザインがおしゃれな、ホーローマグ。手作りのスチール製マグカップに光沢のある塗装を施しキャンプサイトを明るく彩ります。よく触れる箇所(ハンドル部と飲み口部)は2重にコーティングを施しています。直接火をかけてもご使用いただけます。使用を繰り返すことで塗装は剥がれますが、長くご使用いただけるマグカップです。

おしゃれキャンパーにおすすめホーローマグ:7

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/5175D65reoL._SL1000_.jpg

「HUNTSMANS」から、ぽってりとした可愛い形のマグカップが、豊富なカラーバリエーションで新登場しました!カラーごとの箱付きなので、そのままギフトにもなります。持ち手は、こだわりの持ちやすいパイプハンドル。底面には、ハンツマンのロゴ入り。カラフルで、家族分そろえたくなるマグカップです!カラーはカラーは「ミラノレッド」「コテージブラウン」「ヨークオレンジ」「カントリークリーム」「リバーガムグリーン」「オージーイエロー」「シャビーグレー」「マウンテンブルー」の8色展開!お好きな色がきっと見つかります。

おしゃれキャンパーにおすすめホーローマグ:8

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71Mvsy8IPqL._SL1500_.jpg

キャプテンスタッグはアウトドア・レジャー関連用品のブランド。バーベキューコンロやアウトドア用の食器にはじまり、テント、シュラフ、クッキングテーブルなどへ展開している金物の町新潟県三条市発祥の日本ブランドです。丸いフォルムが特徴のホーローマグカップ。飽きのこないシンプルなデザインです。容量約400mLでたっぷり飲めます。カラーは6色展開です。

おしゃれキャンパーにおすすめホーローマグ:9

神戸発のコーヒースタンド「BONDS ROAST COFFEE。めちゃめちゃオシャレな外観・店内で今SNSで話題になっています。そんなBONDSからオリジナルグッズが登場しました!オシャレなオトナ女子必見ですよ!ホーローマグカップは傷付きにくく、雑菌の繁殖を防ぐことができて衛生的です。軽量なので、キャンプやピクニックなどのアウトドアにも。 耐熱性にも優れており、匂い移りしにくいのも嬉しいです。汚れがこびりつきにくく、色の劣化も少ないので長く使うことができます。

おしゃれキャンパーにおすすめホーローマグ:10

グラインドストアのオフィシャルマグカップ。エナメルマグは耐熱性に優れ軽量で、丈夫、しかも耐久性にも優れているので、キャンプやハイキングなどのアウトドアにぴったり!デザインもアウトドア感たっぷりで嬉しいですね!

おしゃれキャンパーにおすすめホーローマグ:11

人気アウトドアブランド「コールマン」からシンプルなデザインのエナメルマグ。スープにも便利な広口マグカップで、容量は約380mlです。

おしゃれキャンパーにおすすめホーローマグ:12

アンティークな雰囲気があるイルビゾンテのホーローマグは、キッチンに置いておくだけでも絵になるおしゃれなマグカップです。1つ1つ丁寧に職人たちが手作業で仕上げた温もりのあるマグカップです、自分用にはもちろんですが、プレゼントにも最適!

最後に

いかがでしたでしょうか?おしゃれなホーローマグで今すぐにでもキャンプや登山に出かけたくなりませんか?本当に景色の良い山頂や、風が心地よい海辺で飲むコーヒーは美味しいものですよね。そしてそれがお気に入りのマグならなおさらです。ぜひアナタもここで紹介したマグカップでアウトドアライフを楽しんでくださいね!

outdoorlover.hateblo.jp

outdoorlover.hateblo.jp

outdoorlover.hateblo.jp

outdoorlover.hateblo.jp

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
プライバシーポリシー お問い合わせ