outdoorloverのブログ

このブログは、キャンプやトレッキング、サイクリングに釣りなど、アウトドアが趣味の私が、愛用しているツールの紹介や、気になるアイテムの紹介をしています。同じ趣味を持つ方に少しでも有益な情報を発信できるよう、心がけています。ぜひ最後までご覧ください!

アウトドアブランドのおすすめリュック20選!タウンユースにも使える万能タイプをご紹介!

トレッキングやデイキャンプにはもちろん、普段使いにもアウトドアブランドのリュックサックが便利です。アウトドアブランドのリュックサックは、機能性だけでなく、収納力や使い勝手に優れています。この記事ではおすすめのアウトドアリュックをご紹介します。

なぜアウトドアブランドのリュックが人気なのか

Trekker

アウトドアブランドのリュックは、普段使いにも使えると人気です。その人気の理由は使いやすさ、丈夫さ、高い防水性などアウトドアならではの機能が詰まっているからです。しかも最近のアウトドアリュックは機能性だけでなく、デザインもおしゃれになりました。そのため、メンズ・レディース問わず、街中でもアウトドアリュックを身につけた方が多いのです。

アウトドアリュックの選び方

Backpack

アウトドアリュックというと、本格的な装備となるリュックから、ライトなスタイルのリュックまで幅広くあります。ちょっとしたハイキングやキャンプから、普段使い、タウンユースにも使いたい方のために、選び方をご紹介します。

機能性で選ぶリュックサック

Backpacking

アウトドアリュックには、防水性を高めたリュックから、丈夫な生地で作られたリュック、重い荷物の負担を軽減する機能などあらゆる機能を持ったリュックがあります。 タウンユースメインなら、防水性を重視し、アウトドアメインなら、防水性に丈夫さ、持ち運びやすさや疲れにくい機能を持ったリュックにすると良いでしょう。

容量で選ぶリュックサック

Incase Backpacks

アウトドアリュックは、様々な容量があります。容量とは、わかりやすく言えばリュックの大きさです。縦走し、1〜2泊する登山の場合は80リットルなど大人の背中よりも大きなリュックを選びます。しかし、普段使いがメインならば、容量15〜25リットルまでがおすすめです。アウトドアや旅行にも使いたいなら25〜50リットルまでがおすすめです。

予算で選ぶリュックサック

Money

アウトドアリュックは機能性が充実していたり、容量が大きくなるほど価格が高くなります。価格もピンキリですが、安物買いの銭失いにならないためには、最低でも5,000円以上のリュックを選びましょう。

ブランドで選ぶリュックサック

Backpack

アウトドアヒアで人気のブランドから発売されているリュックから、アウトドアバッグ専門のブランドまで様々なブランドがあります。定番のブランドは、ノースフェイスやコロンビアなどアウトドアアパレルブランド。アウトドアバッグブランドなら、グレゴリーやミステリーランチなどが人気です。もちろん、普段使いでも使い勝手、デザインにも優れたバッグが沢山あります。ここからは人気ブランドのおすすめアウトドアリュックをたっぷりとご紹介します。

人気アウトドアブランドおすすめリュックサック:1

容量25L以下のノースフェイスリュック。丈夫な1050Dのコーデュラバリスティック®ナイロンを使用したデイパックです。アウトドアブランドでありながら、ビジネスシーンに違和感ないデザインに仕上げ、成型バックパネルと立体的なショルダーハーネスで背負い心地を向上。センターポケット内の背面側に裏地を追加し、パック本体の強度をアップ。大きく開くメインコンパートメントには、収納するアイテムのアイコンをプリントした蛇腹式オーガナイザーを設け、15インチまでのノート型PCや書類、タブレットなどを迷うことなく整理することが可能です。背面にはウィーラーのハンドルに装着できるスリットを装備。クッション性の良い2本のグラブハンドルを設けています。

[rakuten:himaraya:10307515:detail]

人気アウトドアブランドおすすめリュックサック:2

丈夫な300Dポリエステルジャガード、500Dコーデュラ素材を使用したノースフェイスのリュックサック。タウンユースでも使えるノート型PCや書類、周辺小物をスマートに収納し、さまざまなビジネスシーンにも対応可能です。生地は、軽量性と耐久性に優れる300Dポリエステルのジャカード編みを採用。15インチまでのノート型PCや書類、タブレットを収納できる専用コンパートメントを備え、ドキュメントホルダーなどの仕分け整理に便利なスリーブを用意。フロントのセカンド収納は、スマートフォンタブレット端末、その他周辺機器を別々に収納できる上部と、ネオプレーンで仕切ったアクセサリポケットを配備した下部で仕分けが可能になっています。荷重負担が大きいショルダーハーネスは、立体設計と幅広形状にすることで、薄型の美しいシルエットを保ったまま、快適な背負い心地を追求しています。

人気アウトドアブランドおすすめリュックサック:3

容量は約27Lサイズ。日帰りハイキングから寝袋を持たない山小屋泊の山行、アクティブなスタイルの旅行やデイリーユースまで幅広く活用できるパネルローディング型のリュックサックです。シンプルさにこだわった構造で、素材の強度を高めながらテルスシリーズ従来通りの多機能な使いやすさを継承。取り外し可能なヒップベルトを装備し、サイドコンプレッションと連動したポールループや立体裁断を採用したレインカバーを付属しています。山岳・アウトドア用バックパックを初めてお求めの方にもおすすめです。

[rakuten:msjeans:10009733:detail]

人気アウトドアブランドおすすめリュックサック:4

THE NORTH FACEよりアクセスパックオーツーは、タウンユースでもおしゃれに決まるかっこいいリュックサックです。丈夫な400Dナイロン/ポリエステルヘザーエンボス生地を採用し、容量は約25L。スタイリッシュでスマートな本体は、ハードケース調のフレーム構造となっています。 ワンプッシュで開くロック機能がついた、メインコンパートメントには、 15インチまでのノート型パソコンが収納できるスリーブ付き。 各小物を効率的に収納できるオーガナイザーポケットで荷物をスマートに出し入れできます。 アップデートによる軽量化と使いやすさを向上させたデイパックです。

[rakuten:worldselect:10034285:detail]

人気アウトドアブランドおすすめリュックサック:5

ノースフェイスのエフピー25は、背中の上部で背負うことができるベスト型ショルダーハーネスを採用した、軽量テクニカルパックです。ボトムの補強には丈夫な420デニールの素材を使用。厳選した装備で連泊するトレイルランニングから、ファストパックスタイルの山行まで、幅広く対応するマルチユースデザイン。FP SERIESは逆三角形の形状に近づけることで、荷物の重心を高い位置に設定し重心を体に近づけました。これによってブレを軽減して安定した歩行をサポートします。

人気アウトドアブランドおすすめリュックサック:6

パタゴニアのアーバークラシックは、容量は25Lとたっぷりとあるので毎日の必需品を十分に収納でき、ショルダーストラップは人間工学に基づいた設計で身体にフィット。丈夫な600デニールのポリエステル生地は環境に配慮してリサイクル素材を100%使用し、耐久性がありながらも軽量な仕上がりです。完全防水ではありませんが、DWR(耐久性撥水)加工済み。メインコンパートメントの内部には、約15インチまでのデバイスを収納できるパッド入りスリーブを備えていますのでタウンユースでも活躍します。

人気アウトドアブランドおすすめリュックサック:7

パタゴニアブラックホールパックは、日常の必需品を収納するのに適度なスペースを備え、ブラックホール・シリーズのバッグが誇る耐久性を提供する丈夫なリュックサックです。容量は約25L。担ぎ心地が快適なパッド入りのショルダーストラップを備え、成型されたバックパネルは水分を弾いて涼しい風通しを促進します。 素材はTPU(サーモプラスチック・ポリウレタン)フィルムをラミネートした、消費者から回収された8.7オンス・300デニール・リップストップ・リサイクル・ポリエステル100%(原料染め22%)で、DWR(耐久性撥水)加工済み。 本体も裏地もウェビングもリサイクル素材100%を使用。日常の必需品を収納するのに適度なスペースを備え、防水性も高いので、天候の変化の急場をしのぐ頑丈なデイパックが摩耗や手荒な扱いからもギアを守ります。

人気アウトドアブランドおすすめリュックサック:8

パタゴニアのウルトラライト・ブラック・ホール・トート・パックは容量約27L。リサイクル・ナイロン100%製の、手提げとしてもショルダーバッグとしてもリュックサックとしても使える、軽量ながら丈夫な多用途型のトートバッグです。しかも折りたたみなので旅行のお供にもおすすめ。また、軽くて丈夫なのでマザーズバッグとして使う人も多いようですよ!外側にはファスナーポケットのほか、メッシュポケットも付いているのでマイボトルなども入れることが出来ます。

人気アウトドアブランドおすすめリュックサック:9

パタゴニアのレフュジオ・パックは容量約28L。ちょっとしたトレッキングから、日常のタウンユースにも使える程よいサイズ感が人気です。2つのメインコンパートメントと、外側に日々の必需品を整頓して収納できるポケットを備えた中型の定番リュックサック。15インチまでのラップトップ(または給水パック)を収納できるパッド入り専用スリーブを装備。素材は丈夫な平織りの630デニール・ナイロンを使用しており、ポリウレタン・コーティングとDWR(耐久性撥水)加工済み。防水性もあるので、小雨などを弾きます。

人気アウトドアブランドおすすめリュックサック:10

パタゴニアのアトム・パックは、ほどよい収納力を備えぴったりとフィットして快適な、どこへでも携帯できるクラシックなリュックサックです。容量は約18Lです。ファスナー付きポケット、オープンメッシュポケット(さらにその中にはキーフック)が備わっているので、小物の収納場所にも困りません。PC専用スリーブはふかふかとした厚みのあるパッド入りなので、安心して持ち運べます。13インチの機器まで対応しています。外側にはカラビナ等で物をぶら下げられるデイジーチェーンつきです。肩や背中に密着する部分にはエアフロー・メッシュ素材を使用しており、優れた通気性を保ってくれます。安定した背負い心地をかなえてくれるチェストストラップも備わっています。DWR(耐久性撥水)加工済みなので、突然の雨でも安心です。

人気アウトドアブランドおすすめリュックサック:11

20年近くアークテリクスのアイコンとして知られているアークテリクスのアロー22。オリジナリティのあるスタイルと現代的な機能はそのままにリニューアルしました。内部にパッド入り15インチノートパソコンスリーブを備え、日常的に必要になるアイテムを効率的に収納。ハイドレーションシステム対応、防水性にも優れ、丈夫なWaterTight®止水ジッパー付きカンガルーポケットなど、都会の通勤からハイキングまで活躍します。

人気アウトドアブランドおすすめリュックサック:12

実用的なメッセンジャーバッグと、洗練されたシティ用バックパックの融合。防水性に優れたAC²テクノロジーを採用し、雨や雪から荷物を守ります。大きなメインコンパートメントには、片手でリリース可能なバックル操作でアクセス可能。内側のパッド入りスリーブは、15インチのノートパソコンを守り、書類の整理にも使えます。ストレッチメッシュのジッパーポケットには充電器やケーブルを、フラップ部分にあるポケットには財布やスマートフォンなどを収納できます。自転車用ライトが取り付けられるクリップインポイントもあります。

人気アウトドアブランドおすすめリュックサック:13

ミステリーランチのアーバンアサルト21は、日々のルーティーンに必要なもの全てを持ち歩くのに最適なアーバンアサルト。軽量なフレームと固定式ハーネスのシンプルな設計で、3ジップデザインの使い勝手が際立ちます。クッション性のあるPC/タブレットスリーブが電子機器を保護し、トップリッドとメインコンパートメント内部の2つのメッシュポケットが小物の整理に役立ちます。生地は丈夫な500D CORDURA® fabricを採用。完全防水の生地ではありませんが、表面にはDWR(耐久はっ水)コーティングまたはテフロンコーティング、裏面にはPU(ポリウレタン)コーティングが施されており耐水性を持たせてあります。

人気アウトドアブランドおすすめリュックサック:14

ほとんどのサミットパックは、薄いショルダーストラップを使用した見た目の良いスタッフバッグです。 しかし、ミステリーランチの新しいIN&OUTは、サミットパックとしての機能をしっかりおさえつつ、かつ非常に軽量化されたソリューションを提案します。フロントメッシュポケットに収納でき小さなウォーターボトルサイズになるようにデザインされたチェストストラップ付きの成型ショルダーストラップを備えています。 高い耐摩耗性と耐引裂性を備えた105D コーデュラ®ミニリップストップナイロンを使用したこのフル機能のパッカブルなデイパックは、容易に出し入れ(イン&アウト)できます。

人気アウトドアブランドおすすめリュックサック:15

KELTY定番のこのDAYPACKは1970年代に発売された当時の形をそのまま再現しつつ、使いやすく改良を加えた、まさにデイパックの歴史と言っても過言ではないバッグです。生地はインビスタ社製の500D(デニール)コーデュラナイロンを使用。ナイロンは引き裂き強度・耐摩耗性に優れている丈夫な生地で、ポリエステルに比べ柔らかい触り心地が特徴です。また、ナイロンそのものの撥水性に加え、裏側にポリウレタンコーティングを施してあるので、完全防水とは言えませんが水の侵入を防いでくれます。表面にはバックではもうお馴染みとなった、通称「ブタバナ」と呼ばれるピッケルホルダーとKLETYのロゴマーク。ちょっとしたハイキングやタウンユースなど、世代や場所を問わないシンプルな見た目が人気です。

[rakuten:pica:10024776:detail]

人気アウトドアブランドおすすめリュックサック:16

ブランド創業当時から存在するデイパック(DAY PACK)は40年以上に渡り愛されており、グレゴリーの伝統を象徴するティアドロップ型リュックサックです。クラシックな見た目とは反し、このリュックは幾度かのアップデートを経ることで現在でも日常使い、またはアウトドアのワンデイアクティビティー、どちらでも第一線で活躍できる仕様です。内部の小物収納用ジッパー付きポケットや、使わない時は収納できるウェストベルトなど外見だけでは分からない機能性が備わっています。

[rakuten:elephant-shoe:10057973:detail]

人気アウトドアブランドおすすめリュックサック:17

グレゴリーナノ20は、通気性のよいバックパネルや移動中に便利な伸縮性のある外部ポケットなど、多様な機能を備えています。容量20リットルのこのリュックサックは収納力が高く、日常でのタウンユースからトレイルで奮闘するとき、休暇で海外の名所を巡るときまで、あらゆる場面で活躍します。ハイドレーション専用のシッパー式ポケットは、ノートパソコンやタブレット用のスリーブとしても活用できます。フロントには、ライトを装着できるアタッチメントや、ウォーターボトルやその他のアクセサリーを固定するリフレクター付きのアタッチメントループなど機能性も充実しています。

人気アウトドアブランドおすすめリュックサック:18

ロングセラーを誇るオルトリーブ「ヴェロシティ」のデザインモデルを一新し、17Lと23Lの2サイズ展開で人気の防水リュックサックです。 日々の生活やレジャー・アクティビティなど、オールマイティにご使用いただけます。内部にはノートパソコンを収納できる取外し可能なオーガナイザー付。通気性の良い背面フォームパッドや、人間工学に基づいたショルダーストラップ・ウエストストラップを備えた快適なモデルです。

人気アウトドアブランドおすすめリュックサック:19

街中のポタリングから長距離サイクリングまでお任せのドイターベロエアー20。ショルダーストラップは体にフィットするS字形状を採用。ストラップの角までクッションで覆われているため、前傾姿勢時に腕を前に突き出してもストラップが体にストレスを与えにくくなっています。エアコンフォート背面システムを採用し、通気性を確保!張りのあるエアコンフォート特殊メッシュは、バックパックと着用者の背中の間に湿った空気を分散します。メインの荷室にはシューズやバスタオルなど大きめのものを収納することも可能。サイクリングから、タウンユースなど普段使いもできるリュックサックです。

[rakuten:vehicle:10047952:detail]

人気アウトドアブランドおすすめリュックサック:20

カリマーのユーティリティ20は、ライフスタイルからフィールドへとクロスオーバーするマルチユースリュックサックシリーズ。書類やかさばるウェア類などの出し入れが容易な開口部デザインを採用したモデルです。もちろんタウンユースだけでなくトレッキングにもおすすめ!地図のほか、手帳や定期入れなどの小物の収納・携行に役立つフロントポケットや、トレッキングポールホルダーやチェストストラップ、デタッチャブルヒップベルトなど、デイハイクなどに便利な機能と装備。オプションのレインカバーを取り付ければ、完全防水になるリュックサックです。

アウトドアからタウンユースまで活躍するリュックサック

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

THE NORTH FACE JAPAN(@thenorthfacejp)がシェアした投稿 -

いかがでしたでしょうか。アウトドアブランドのリュックサックは背負っていて楽、荷物の整理も楽、出し入れも楽と3拍子揃っています。もちろん、タウンユースにも使えるデザイン性の高さも人気の理由です。普段使いにも使えるので、アウトドアブランドのリュックサックはまさに万能なんですよ。

こちらの記事もおすすめです!

outdoorlover.hateblo.jp

outdoorlover.hateblo.jp

outdoorlover.hateblo.jp

f:id:renasuya:20200726210954p:plain

プライバシーポリシー お問い合わせ