outdoorloverのブログ

このブログは、キャンプやトレッキング、サイクリングに釣りなど、アウトドアが趣味の私が、愛用しているツールの紹介や、気になるアイテムの紹介をしています。同じ趣味を持つ方に少しでも有益な情報を発信できるよう、心がけています。Twitterでは「【Amazonタイムセール】おすすめアイテムPick~」を配信中! @outdoorlove6をフォローしてね!

キャンプの大敵!害虫からどうやって身を守る?便利な防虫グッズもご紹介!


スポンサードリンク

はじめに

Camping

屋外でアウトドアを楽しむ際の私たちの敵ともいえるのが害虫です。ランタンの光に集まってきて私たちの血を吸ったり、痒みを残すだけでなく、命にかかわる毒を持っていたりと侮れません。そんな厄介者の虫から身を守る最強グッズや対策法について紹介します。

 

キャンプでの害虫対策その1

camping

オープンタープの場合、蚊取り線香を1個置くだけではあまり効果はありません。蚊取り線香は、煙が届いている範囲のみで効果を発揮するので、テーブルの周囲に複数個置く必要があります。アウトドアショップなどでは、森で働く人のための「プロ用」、「アウトドア用」とうたった蚊取り線香も販売されています。これらは有効成分や煙が一般的なものより多く、パワフル。蚊だけでなくアブも避けると言われているので、より安心です。また電池式のベープマットやスプレー式のベープマットは火を使わないため、テント内での使用にぴったりです。
テント外:蚊取り線香
テント内:電池式ベープマット、スプレー式ベープマット、害虫灯

キャンプでの害虫対策その2

Camping

また、飛ぶ害虫ばかりではありません。キャンプ場のテントサイトにいるムカデにも要注意です。ムカデは毒をもっているので刺されると炎症をおこしてしまいます。特に小さいお子様と一緒の場合は不安ですよね。その場合はテントの下に防虫剤を置き、虫除け対策をしていると安心です。

キャンプでの害虫対策その3

Camping

飲み物や食べ物を出しっ放しにしないようにしましょう。虫は甘い香りが大好きです。缶を開けたフルーツジュースをそのままにしておくと、ハエやハチ、アブなどが缶の中に入っていることも。気づかずに飲もうとしたら刺されて大変な目に遭います。またアルコールの匂いにも虫があつまります。ビールの空き缶は、ハチのほかにゴキブリやナメクジなども寄ってきやすいと言われています。飲んだ後は出しっ放しにせず、蓋つきのゴミ箱に入れるか、軽くすすいでおきたいですね。

キャンプでの害虫対策その4

Eucalyptus

ユーカリやハッカ油は虫が嫌がる香りと言われており、蚊に効果があります。ただし持続性は短いので、こまめに吹き付けるようにしましょう。アブやブヨは、筋肉ケア用のスプレー式消炎鎮痛剤などにも使われているサリチル酸を嫌う性質があるとも。筋肉ケアと合わせて一石二鳥のため、アブやブヨが多い場所でのアクティビティーでは用意しておくのも良いでしょう。

キャンプでの害虫対策その5


虫対策!!モスキートランタン買ってみました。

虫は明るい光に集まりがちです。夜は大光量のランタンをサイトの外側にセットし、テーブル上には小さな電池式ランタンを置いておくと、リビングに蛾などが集まりにくくなります。

おすすめ害虫対策グッズ10選!

1.アウトドア・レジャーにお勧めの電撃殺虫器付きLEDライト

 LEDライトと殺虫ライト機能が1つになったポータブルランタン。紫外線ライトで虫(主に蚊)を引き寄せ、電気ショックで撃退します。ライトの効果で殺虫するので、煙や匂いがでないのもメリット。蚊取り線香の匂いや、成分が気になるという方にもおすすめです。防水性能(IPX6相当)も優れて、急な大雨に濡れてもOK!インドア・アウトドアどちらでも重宝する便利なライトです。

2.天然成分が虫を寄せ付けない!虫除けバンド 虫よけリング

蚊除けリングから持続的に天然成分が蒸散し、手首や足首に装着するだけで虫が寄り付きにくくなります。シンプルでおしゃれなデザインなので、まるでアクセサリーを楽しむような感覚で虫よけができます。

3.タープの周りに!フマキラー 虫よけアロマ線香5色

フマキラー アロマ 線香 虫除け 50巻(5色) 函

フマキラー アロマ 線香 虫除け 50巻(5色) 函

  • 発売日: 2015/03/04
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

5種類の香りが楽しめる蚊取り線香。テント内よりも、タープの下におくと便利。虫よけ効果も従来の3倍なので、虫に邪魔されずアウトドアが楽しめます。今までの蚊取り線香の匂いや、成分が気になる方におすすめです。

4.おうち用にはもちろんですがテント内用に

 火気を使いたくないテント内の虫よけにおすすめ!自宅でも使えますし、持ち運びも楽で、ワンプッシュで24時間効果があるのもアウトドア向け。確かな効き目でキャンプ中も安心です。

5.いやなにおいがしない虫除けスプレー

アウトドアアクテォビティを安全に楽しみたいなら、ミストタイプの虫よけスプレーが便利!露出している肌にはもちろんですが、洋服にも吹きかけておきましょう。蚊やハエ、アブやハチなどを寄せ付けません!効果が短いので、こまめに吹き付けておくことが大切です。

6.肌や服にもシュッとひとふき!

小さなお子様にも安心して使える、新成分「イカリジン」が高い虫よけ効果を発揮します。吹き付けてもにおいもなし、白っぽい粉がつくこともないので、洋服にも安心して吹き付けることができます。

7.貼るだけ簡単虫よけ

アース製薬 虫よけパッチα シールタイプ プーさん 72枚入

アース製薬 虫よけパッチα シールタイプ プーさん 72枚入

  • 発売日: 2017/07/04
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

12時間と長時間虫よけ効果のあるパッチです。洋服やテント内に貼り付けておくだけで、効果があります。かわいいパッチなのでお子様も大喜び!レモンユーカリの爽やかな香りです。キャプなどのアウトドアでの虫よけにおすすめです。

8.テントのしたに!ムカデ対策

テントサイトが林や森に近い場合は、ムカデにも注意したいところ。安心してテント内で就寝するならムカデ対策も重要です。天然物100%使用なので、自然にもやさしい!4人用テントなら1つあれば充分です。

9.万が一刺された場合のために 

ハチやアブなどに万が一刺された場合は、患部から毒物を排出することで、症状が押さえられる場合があります。ポイズンリムーバーは、患部から毒物を抽出する安全器具。アウトドアを楽しむなら、持っておくべきアイテムです。 

10.救急箱はキャンプの必需品!

包帯やキズテープ、三角巾、消毒パッドなど万が一のケガの際に使う医療用品から、手袋、ホイッスル、アルミブランケットなど命に関わる事故にあった場合にも使える災害用救急パック。アウトドアにはもちろんですが、防災用としても役立つアイテムがコンパクトに収納されています。 

最後に

Camping Henning Park 2006

いかがでしたでしょうか。夏になると海や山でのキャンプが待ち遠しくなりますね。そのキャンプを楽しむためにも害虫対策はしっかりと行いたいもの。ぜひあなたもここで紹介した害虫対策で夏のキャンプを楽しんでくださいね!

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
プライバシーポリシー お問い合わせ